FC2ブログ
繁殖制限の必要性
2013 / 09 / 26 ( Thu )
公益財団法人どうぶつ基金より送って頂いたリーフレットはわかりやすいです…

環境省が今月(H25年9月)に発行したリーフレットの中に、猫の繁殖制限の必要性を

説明したわかりやすい図が載っていました。

犬・猫の里親譲渡時やTNR現場での付近住民への説明など、繁殖制限の必要性を

説明し理解を得るのが一苦労の時があります。

こうした資料が手に入るとわかりやすくて役に立ちます。


最新版

「捨てず増やさず飼うなら一生」

~いつかペットを見送るその日まで責任を持って飼い続けることができますか?~ より

1頭

1年後

2年後

3年後

「あなただけにできること」~動物の繁殖制限~ より

繁殖制限

繁殖制限3

ペットとして動物を飼う場合はむやみに増やさないことが大切です。

増やさない3

ノラ猫を見かけたら…不妊手術を考えてあげて下さい… 餌をやるなら不妊手術も…

増やさない2


犬・猫の不妊手術の必要性を多くの人が知って、年間の殺処分数が少しでも減らせるように

願って、環境省発行物のご紹介をさせて頂きました。

殺処分

埼玉県


写真展5


ふと…今西乃子さんの写真展を思い出しました。

…その命、灰になるために生まれて来たんじゃない… 

灰

児童文学なので幅広い世代に読みやすい本だと思いました。

私もまだ一部分しか読んでいないので、読んでみたいと思っています。

今西乃子著


動物愛護管理法改正(9月施行)により、飼い主の責務として

飼養する動物がその命を終えるまで飼養すること(終生飼養)が追加されました。

最後まで愛情と責任を十分に自覚して飼い続けることが求められます。

改正


LOVE.jpg

不幸な保護犬の里親募集中(ミニチュアダックスフント♀9歳)→ 詳細はこちらへ








関連記事

テーマ: - ジャンル:ペット

22 : 43 : 33 | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<不幸な保護犬里親募集中 | ホーム | 動物愛護週間>>
コメント
----

説得力のある内容にブログの力を感じます。
呼び掛け続けることで小さな命が一つでも救えるんだなぁと。
犬友の繋がり合う姿も素晴らしいし、一歩進めて猫の活動も輪ができつつあって、調整役としてのチルさんの働きは絶妙なんだと感心します。ノラ猫の捕獲頑張ってね。
by: やまだ * 2013/09/27 12:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/1006-bb370379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |