FC2ブログ
3匹をReturn
2013 / 10 / 18 ( Fri )
退院した3匹のノラ猫を元の場所に戻しました。
昨日、捕獲器に入って、不妊手術を受け入院した3匹のノラ猫達が退院しました。

今日は、都合が悪くお迎えをクーちゃんママさんにお願いして、退院後は元の場所に放して

頂きました。

撮影もお願いしていたのですが…イマイチな写真になってしまったとのことでした。

3匹もいたので大変だったことでしょう…

⑦大きな黒猫 オス
大黒2

⑧シャム風の猫 オス
シャム風3

⑨黒茶混じり胸に白い模様の猫 若いオス
黒茶胸白3

3匹のオス猫さん 元気でね…

命の尊厳

時々、犬・猫の不妊手術において「オスまでは手術は必要ない」と言われることがあります。

私も不妊手術については、然程の関心はありませんでした。

ですが、実際にTNR活動をやってみて、オス猫も捕獲できたのなら

去勢手術をした方がよいのかなと思うようになりました。

今回、不妊手術をしたメス猫達は繰り返し妊娠し流産も多かったと聞いています。

山間部の捕獲器で狙っていたのも大きなオス猫でした。

今春生まれた母違いの13匹の仔猫達の父親猫だということで捕獲を試みていました。

避妊手術をしないオスが放浪することで、またどこかのメス猫と繁殖して

やがて殖えたノラ猫が保健所へ収容され殺処分となる…

将来的に殺処分となる不幸な命を減らすためのTNR活動なのですから、メスは勿論のこと

オスのノラ猫が捕獲器に入ったのなら、放さずに去勢手術を受けさせたいと思いました。


フロントライン


1年で約23万頭、1日約600頭の犬・猫が殺処分になっている現実があり

その7割が猫で、猫の9割が仔猫なのだそうです…

殺処分


殺処分になるこの命の数は、膨大な数に感じます。

可哀相だと思って、去勢手術をしなかった猫達の子孫が…

結局繁殖を繰り返して殺処分となる未来…

そんなことを考えると、捕獲器に入った猫は性別に関わらず不妊手術に連れて行った方がよい

のかなと考え、活動を行っているところです。

ノラちゃん達は栄養状態も厳しく自分が生きて行くのに精一杯の中で、

メスは繰り返し妊娠させられ出産や子育てをしなくてはなりません。

母子

私は、7頭の仔犬を産んだ母犬の里親となりました。

シロちゃんは病気や栄養失調など厳しい健康状態の中で、必死に授乳し育んでいました。

将来的に繁殖制限を怠ったことで、殺処分のガス室送りになる命を作らないために…

仔犬達は皆、不妊手術を受けて頂きました。

1年で約23万頭、1日約600頭の犬・猫が殺処分になっている現状を考えると

ノラ猫も飼い猫も、オスもメスも不妊手術。

更に、ペットを購入しないことも大切だと思いました。

埼玉県

繁殖制限


ミニチュアダックスフント里親募集中
マロ5

9歳 メス マロンちゃん

マロンちゃんの里親募集記事はこちらへ ⇒ クリックしてね

保護地は埼玉県飯能市内です。地域に関係なく里親募集中です。

一緒の保護されていたリクくんは札幌市へ、ミニくんは鴻巣市へ巣立って行きました。

お迎え・お届け不可能であればペット輸送となります。その場合はトライアルなしです。

リクくんは空輸での譲渡となりました。

譲渡を決めるまでにお互いの信頼関係が築ける状態となるように情報交換をしつつ

迎える準備をしていく形となります。

譲渡の条件は、終生愛育に尽きるかと思います。

来月11歳を迎えるシニア犬ですので犬生の最終章に寄り添い年相応の機能低下を受け入れて

下さる方。必要時は獣医さんに診てもらって下さい。
  
無料譲渡ですが、生き物ですから治療・予防・苦痛の緩和など医療費がかかることもあります。

そうした散財があってもいいよという方。

現在は大変元気よく暮らしています♪





関連記事

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

21 : 36 : 03 | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ミニチュアダックスフント里親募集中☆仔猫の別れ | ホーム | 今朝は3匹捕獲>>
コメント
----

美穂さんへ

里親希望有難うございます♪
ご記入頂いたメールアドレスが認識されず返信できなかったので、こちらに記します。
希望されているのは、ミニチュアダックス9歳メスのマロンちゃんで間違いないでしょうか?
マロンちゃんで間違いないようでしたら再度アドレスと電話番号を教えて下さい。個人情報は非公開にしますのでご安心下さい。
by: チル * 2013/10/18 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/1022-790da34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |