FC2ブログ
さよなら…マロンちゃん
2014 / 12 / 13 ( Sat )
訃報です…飼育放棄され、行き場がなくて預かり中のマロンちゃん老衰のため永眠しました。
歩行や排便が困難になりつつあり緩やかではありましたが、老化が進み様々な機能維持が

できなくなりつつありました.

食欲旺盛なのは最期まで変わりませんでしたが、食べても食べても栄養吸収が悪くて

どんどん痩せて行く状態となっていました。

一日2食でしたが、一日5回もうんちをしていました。2週間程前から自力で便排出が

できなくなり摘便で排泄を支えていました。

好物
(ドッグフードの他にも高カロリー栄養の流動食を与えて栄養状態向上を目指していました。)

乳癌、子宮癌の摘出手術や歯槽膿漏による口鼻腔瘻の縫合手術など数々の治療をして

せっかく保健所から救った命ですから、生への賦活を諦めないで状態を回復させ里親さんを

見つけて再び愛される環境を準備してあげたいと思い、里親候補の方も見つかり

迎える準備調整の段階にまでなっていたのですが…(皮膚もキレイに治っていました)

全身状態の低下が著しくなり、譲渡時期を見合わせていました。

そして、12日早朝の声掛けによる開眼を最後に昏睡状態となり眠るように

昼頃に静かに息絶えて天国へ旅立ちました。

私は出勤だったので、看取れなかったのですがママ&ハッピーが最期まで

傍にいてくれたようです。

危篤
昏睡状態に陥った姿が私が観た最後の姿でした。


頑張ったね…飼育放棄されたことも数々の病気を抱えていたことも本当に辛かったけれど

負けず嫌いでとっても強気で…なかなか適応できずに日々大変でしたが、

辛さも痛みも耐え抜いて強く強く生きていました。

危篤2


癌の転移や再発があったことも考えられますが、術後にもうこれ以上の積極的な治療は

老化著明で体力的に難しいということで、治療は終えていました。

悲しみの一夜が過ぎ、13日午後1時半頃、ご近所の方々、依頼主のタンタンパパさんと

一緒にお別れをしました。

お別れ 享年11才

さようなら マロンちゃん…  そして…頑張って生きてくれてありがとう。


飼育放棄された犬は「生き場」を失ってしまいます。犬は飼い主と運命共同体なのです。

だから、飼い主の都合で飼育放棄を絶対にしないでください…人間の皆様に

お願いしたいと思います。

愛護1




関連記事

テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

00 : 33 : 47 | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<スパ・ドッグズラン秩父 | ホーム | 第一体操を練習>>
コメント
--コメント有難うございます。--

ぺえたさん 万見仙千代さん リクくんのママさん

コメント有難うございます。

…リクちゃんのママからも「号泣です」というメッセージを頂きましたが、私も同じく心にポカンと穴が開いたようになっています。
悲し過ぎて今は言葉が出て来ません。

温かいメッセージに深く感謝しています。

by: チル * 2014/12/16 23:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

マロンちゃん、お空に行ったんですか。
苦しまずに天国に昇ったんでしょうね。
チルさんの優しさがマロンちゃんを包んでいたんですね。
ハッちゃんが看取ってあげたんですか。
マロンちゃん、寂しくなかったでしょうね。
チルさん、本当に有難うございました。
by: 万見仙千代 * 2014/12/13 20:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

マロンちゃんのご冥福を、心からお祈り申し上げます。

老衰ですか。。。
苦しまずに最期を迎えられたことが救いですね。

飼育放棄されたままだったら、とっくに消えていた命。
こんな風に、お花に囲まれて見送ってもらうこともなかったでしょうね。

マロンちゃん、今までがんばったね。
次はあなたのことを、一生大事にしてくれる飼い主さんのもとに生まれて来れますように。
by: ぺえた * 2014/12/13 19:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/1175-7bc05f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |