グッと来た!
2015 / 11 / 05 ( Thu )
今日、部屋持ちの患者さんが闘病を終えて平穏死を迎えました…

この患者様から、沢山の大切な事を学びました。

今後、繰り返し経験するであろう終末期の看護も体験させて頂きました。

人間は、どんな人もどんな時であっても、誰かの役に立っているんです。

衰え行くその人は、入職からずっと体の痛みを訴え続け、心を込めてケアをすると

いつも喜んで下さっていました。

今日…命が尽きるその瞬間まで、新人ナースの私に看護の機会を与えて下さって

末期がん闘病から、平穏死を迎えるまでの過程を身をもって教えて下さいました。


そして、周期性呼吸、吐血、浅速呼吸、下顎呼吸… 徐々に終えて行くその流れを

私が受け止めて行くのをそっと見守って下さって、後からそっと支えて下さった

上司・同僚の看護師達の配慮にも感動しました。


刻々と変化していく患者様にどう対処したらいいのか?

記録はどう表現したらよいのか?

不安と緊張の中、観察したことを自分の言葉で記すことしかできなかったけれど

それはそれで、初めてなんだから仕方がない…。



一緒に死後の処置を済ませ、霊安室へ運び、明るく塩を投げてくれた先輩ナースの存在…

これから多くの人々を看取っていくであろう新米ナースの背中を

「頑張れ!」と押してくれるような、そんな温かな一幕があったのです。

こんな風にさりげなく「超一級の配慮」ができる人って、なかなか巡り会わない…



帰る時に更衣室で、階の違う上司の方からも思いがけない一言を頂きました。

「○○さん 大変でしたね。最期の様子がよくわかる丁寧な記録が入っていましたね」

これには正直、グッと来てしまいました。 

階が違うスタッフまでもが、見守って下さっているとは驚きでした。

ポロポロ… ポロポロ… 色んなことが頭の中を駆け巡って泣きながら帰りました。


亡くなった患者様のご冥福を心よりお祈り致します。

関連記事

テーマ:ナースのお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

22 : 49 : 24 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<術前検査 | ホーム | なんてタイムリー❤>>
コメント
--コメント有難うございます。--

万見仙千代さん 有難うございます。
看護師さん達、並々ならぬ愛情を持って患者さんに接しています♪本当に皆さんスゴイと思います。
義母さんの担当ナースさんもきっと情熱を注いで看病していたのでしょう。現場は想像以上に熱いです♪
by: チル * 2015/11/07 22:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

チルさん
本当にありがとうございます。
読んでいて、義母が亡くなった時、看護師さんが泣いて下さったことを思い出しました。
チルさんは、優しい気持ちを持った看護師さんですね。
by: 万見仙千代 * 2015/11/07 21:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/1256-d306c755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |