fc2ブログ
映画「犬に名前をつける日」
2015 / 12 / 20 ( Sun )
映画「犬に名前をつける日」川越で上映中

映画「犬に名前をつける日」川越スカラ座での上映です。

期間が短いので再度、こちらにもご紹介させて頂きます。

私も12月18日の東京新聞で知ったんです…。

犬に名前1

犬に名前2

犬に名前3

川越での上映は25日まで。火曜日定休。

犬の殺処分は人間の問題です!

犬はヒトに飼われないと生きられない動物とした以上は、

人間み~んながちゃんと向き合い考えなくてはならないテーマです。

展望5
保護され殺処分を免れて、幸せに生きられる命もあります。

自分に何ができるんだろう… 

考え行動してみると救える命が増えるかも知れません。

12月20日 東京新聞より

筆洗

ある犬のおはなし


この「ある犬のおはなし」は検索すれば動画も観られるのですが

絵本を「犬兄弟会」の皆さんにもぜひ読んで欲しいと思い私も購入しました。


「犬猫兄弟会」とは里親の皆様や、ご近所様達がメンバーだからです。

犬の里親様達は、毎日のお散歩やお手入れなど、それぞれ頑張って頂いています。

今後もなお一層の愛情を注いで終生愛育に励んでもらいたいから…


元気になったら、里親様の元を訪ね近況などお聞きしながら、この絵本も

読んでもらう機会を持ちたいと思っています。


スヌーピーにもそんな悲しい過去が…

チャーリーブラウンは2人目の飼い主だったとは…知りませんでした。


埼玉県には↓のようなポスターがあります。

埼玉県

何故、犬を捨てるのか? どうしたら殺さないで済むのか…

学校で、地域で、国全体が…犬猫の殺処分について、命の尊さについて

もっと考えなくてはならないのでは…

犬の問題はヒトの無責任が生んだ問題… 

今、私達のところにも行き場のない犬の相談が舞い込んできています。

これからどんどん増えるであろう高齢化による飼育放棄の問題…

人でさえ、面倒見る人がいなくて行き場がない状態となっているのに、

ペットまでは面倒観切れない… そんな声も聞かれる現状の中

私達は、人だけでなく、犬に対しても自分にできる「看護」の提供を試みる…

ボロボロの犬をピカピカに…

協力してくれる人達の優しい心を繋ぎあわせれば、ブラスαの力が生まれ

その細やかな活動は、粘り強く継続されて行くのです。


Wロール
温かい夜を 幸せな明日の夢を…

保護犬のマロンちゃんが亡くなって1年が過ぎました…

今も目に焼き付いているのは、マロンとリクを迎えに行った保健所での光景です。

冷たいコンクリートの檻の中で4日間吠え続けて声が枯れていました。

魔女マロン
亡くなる1ヵ月半程前に撮影。里親さんも決まったところだった…

リクちゃんは、里親さまの愛情を受け、幸せに暮らしています♪

「老犬でもいいょ」と迎えてくださる優しい人…

今度募集する犬にも良縁あれと祈らずにはいられません。

関連記事

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

17 : 46 : 56 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<25日まで「犬に名前をつける日」川越で上映 | ホーム | 寂しいXmas((折り紙)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/1272-24839b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |