暗闇の中で
2016 / 06 / 09 ( Thu )
ハッちゃんと展望公園で夜景を眺めました…
ただ今、通信教育2科目が始まり超多忙です…

そして、仕事は相変わらずさっぱり熟せず、この頃は呆れられて

「はやく帰れ!」と言われてやっている仕事を取上げられたり

「勘弁して下さいよ」なんて言われちゃったりしています。

…もう辞めた方が双方のためだと思うようになりました。

私はバカだからね… 仕方がないけれど、物心付いた時からずっと

常に言われ続けてきたし、だけどずっとできなくて悩み続けてきた

のが「はやくしなさい」という言葉なんです。

この「はやく」に対して、言われるのは重々承知なのですが、

求められるように「はやく」を実施することはできないのですょ。

もう四捨五入すると半世紀。努力してきたけど、できないんだから

無理なのでしょう。

「はやく」で逆に焦りや不安、恐怖となってしまうのです。

なので、既に入職間もなくから促されて書いてあった「退職願」を

出すタイミングが来たのかなと思います。

とりあえず、休みの日はプチドライブして公園散歩しています。

…拘りが強くて自分でも思い通りにならない。何かに引きずられるように

人生は進んで行きます。でもここまで徹底的にやってきた事で

思い掛けない楽しい体験があったことも事実でしょう。

虫


要領の悪い自分に悔しかったり、悲しかったりして

涙が止まらない日があり、ハッちゃんと夜景を眺めてきました。


ハッちゃんは元々体が弱く、てんかん持ちなのですが

ここ数年は皮膚状態も悪くなりがちで、ステロイド薬の常用管理が

始まりました。 9歳にしては老化が早いような気がしています。

シロちゃんも重症心臓病でもう宣告された余命を過ぎています。

仕事を辞めて、また犬達と一緒にゴロゴロして過ごすのもいいかも。

術後の痛みが未だ癒えないし、心身の辛さで食べられないため痩せました。

痩せるのは願ってもいない嬉しいことなんですけど、

体に力が入らず、体位変換や移動・移乗動作の介助が多くなり

やはりキツイです。

夜景1

♪急かさないで 時よ 私は 信じている

 暗い夜空だから 光る星 ♪ 

生活が仕事で染まっても、それが人生におけるその人の

成長や充実なのであれば、生き方として悪くないと思うけど。

だって、プロフェッショナル~仕事の流儀~なんか観てると

それこそ、半端なく何かに取り付かれたように取り組んでる人

って多い。私の適性に合った仕事が見つかることを願うしかないな。

う~ん 自分探しの旅はまだまだ続く…道のりの長いこと…

その人のペースでやりたいようにできる職場を探すしかない。

やはり、保育の方が、その点は面白いのかも知れないです♪

保育士の処遇改善に期待しちゃいますな♪

辞めたら、今度こそ婚活頑張るぞっ!な複雑な近況でございます。

庭7


さぁて… 現実逃避してないで「子どもの保健」「食と栄養」を

進めねばいけませんのょ。

それでは ごきげんよう。
関連記事

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

00 : 51 : 41 | 雑記 | page top↑
| ホーム |