愛に包まれた部屋で
2016 / 10 / 12 ( Wed )
16歳のレオ君の快適老後生活ご紹介…

ご近所のゴールデンレトリバーのレオ君は

16歳超の高齢犬です。

今では足腰が弱り、白内障で目も悪くなってしまいました。

なかなか立ち上がれなくなって、転がりながら移動したり

時々わずかですが歩いたりしながらマイペースに過ごしています。

器用なパパさんの溢れる愛情で

専用のお部屋には工夫がいっぱいです。

レオ1

レオ君は大型犬で食欲も旺盛。

高齢となっても体もとても大きくて毛もふさふさ♪

レオ2

一生懸命に生きているその姿に

いつも勇気をもらっています。

レオ君のお部屋は高齢犬介護環境としては

素晴らしく整備されていて、とても参考になります。


~~~☆~~~☆~~~☆~~~

折り紙0
今年もこの季節がやって来ましたね~…

魔法使犬
       Happy halloween♪

関連記事

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

22 : 58 : 52 | | page top↑
| ホーム |