クリスマスイブ
2016 / 12 / 24 ( Sat )
今日はクリスマスイブ♪休みなので午前中の2ショットを撮影~♪
今日(12月24日)はお休みなので、大好きな「ひつじのショーン」を

楽しんだ後、日向ぼっこをしながら眠る犬達の姿がとても

可愛かったので撮影しました♪

日光浴寝

まぁ…いつもこんな感じなんですけどね…♪

日光浴寝2

2頭は全く喧嘩をしないし、こんな風に仲良く絶妙な配置でソファーに

寝たりして、しかも天使のような寝顔なもんですから可愛過ぎる…

今日は、卓球クラブの今年最後の練習日だったので1時間ばかり

参加して、その後は展望公園に2ワンを連れてプチドライブしました。


さて… 22日の出来事を少し記載しておきます(日記なので)

22日は職場1のクリスマス会に参加させて頂き、12年振りに

グランドピアノを弾いて伴奏をする機会が巡って来ました。

その朝、少し早く来てピアノの練習をしていたら、掛布団に

包まれたご遺体がエレベータで降りてきて、病棟で急変が

あったことを知りました。

自分とほぼ同年齢の人の死であり、動揺し集中が途切れました…。

そんな慌ただしい始まりの1日だった事もあり

行事より病棟業務を優先するよう再三にわたって

言われておりましたが、クリスマス会の出し物の練習も

結局できず、本番ぶっつけ状態だった事もあって

緊張はMAXに…。 

かなりボロボロの伴奏となってしまいました。

それでも、一緒に出演して元気な歌声を披露して下さった

患者様達は、伴奏入れたことをとても喜んで下さいました。


人は生きる上で「熱中体験」が必要です。

熱中体験は子どもが育つ時期だけではなく、

一生にわたって必要なのだと思います。

私は今年、保育士養成課程を終えたわけですが、

人は、「自己実現」と「社会貢献」の2軸が1対となれるように

生きて行くことが大切であることを再確認することができました。


昨年の今頃は、術後合併症(腹腔内出血)が起こり

再開腹の可能性も示唆されて安静状態に陥っておりました。

3月から復帰したものの、看護技術も知識も追いつかず

自信がない状態では実施できず窓際族状態…。

看護の仕事は自分には向いていないことを実感し

保育士資格取得へと動くと共に、転職も視野に入れて

模索する日々となりました。

明日への不安で眠れず夜更かししていてお菓子を食べる…

不眠と過食の悪循環状態から脱せずに悩んでいました。

ああ…もうダメ。息が出来ない…そんな感じ。

2016正月

来年1月からは、配属替えに加え、副職も開始するので

一機に環境が変わって、この悪習慣を解消できるかも♪

長く迷走し続けた暗いトンネル…来年こそは抜けられるといいな。

ブチトナカイ

メリークリスマス (4年前に撮影したトナカイ姿)

白トナカイ

それでは ごきげんよう
関連記事

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

23 : 06 : 47 | | page top↑
| ホーム |