FC2ブログ
どうぶつ基金からのお知らせ
2017 / 10 / 03 ( Tue )
どうぶつ基金からお知らせのメールが届きました。
どうぶつ基金よりお知らせのメールが届きましたので

ご紹介致します。

どうぶつ基金バナー200x40 (2)

~以下 転記~

いつも応援、ありがとうございます。

どうぶつ基金事務局です。

奄美大島と沖縄で国が猫の殺処分を急ごうとしています。

ユネスコの理念(多様性の尊重、非排他性)に反した非科学的、

非人道的な根拠に乏しい大量殺処分であり、世界遺産登録の

努力を逆に台無しにしかねないため、反対します。

世界遺産を口実とする猫の安易な殺処分を阻止するために、

若きボランティア獣医グループ「NPO法人ゴールゼロ」が、

ウエブ署名を開始しました。

1. 猫の殺処分で希少種は守れない
 
 奄美大島とその周辺の島は、世界自然遺産の候補地です。

アマミノクロウサギやヤンバルクイナといった希少種が

生息しているためです。

環境省は、猫がアマミノクロウサギを捕食する光景などを公表し、

「このままでは猫のせいで希少種が絶滅してしまう」と

殺処分を正当化しようとしています。

しかし、

●環境省の調査によると、

2016年に断定できたアマミノクロウサギの死因は

100%交通事故でした。

同省が発表した2000年~2013年の死因調査を見ても、

クロウサギの死因のうち、犬や猫に捕食されたと

断定された割合は数%に過ぎません。

つまり猫を何千匹も殺しても希少種は守れません。

アマミノクロウサギが絶滅の危機に瀕している原因は、

土地、道路開発や交通事故による人災であって、

猫が原因ではないと考えるのが妥当です。

アマミノクロウサギを守るために必要なのは

猫の大量殺処分ではなく交通事故対策なのは明らかです。

すでに3400人の署名が集まりましたが、まだまだ足りません。

今すぐ!ご署名をお願いいたします。

●世界遺産を口実とする猫の安易な殺処分に反対 チェンジオルグ

●世界遺産を口実とする猫の安易な殺処分に反対! 

 詳細はこちらへ
関連記事

テーマ: - ジャンル:ペット

01 : 12 : 37 | | page top↑
| ホーム |