FC2ブログ
パワハラ
2019 / 03 / 30 ( Sat )
東京新聞にパワーハラスメントが図解で説明されていました。
東京新聞(平成31年3月17日の日曜版)にこんな記事がありました。

パワハラ1

新年度から異動となるわけですが、数ヵ月前にも職場で先輩が

同僚に「仕事しない!」と散々陰口をたたかれ

「働けよ!」と怒鳴られるようになり…

「役に立たない」と夜勤させてもらえなくなり役割を取上げられ

遂には慢性期で勤まらないという人を急性期の忙しい病棟へ異動…

そこでも色々辛い目に合って、結局「退職願い」を出して

辞めて行った人がいました。

要領の悪い私にとって、誰よりも優しく仕事をフォローしてくださり

豊富な経験や技術を丁寧に教えて下さる頼りになる先輩でした。

パワハラ2

人はそれぞれ得手・不得手があり考え方も優先順位も違うはずです。

パワハラ3

怒的な感情に支配された人達の勘違いが早く解ける事を祈ります。

パワハラ4

その先輩が辞めた後、また同じ人が他の人を「働かない!」と罵り

それに同調する人達が、口煩く干渉する…

急な転棟の対応など、何回教わっても覚えられなくて、

どうしたものかと息詰まる様な思いを察してか?優しい病棟医が

助け舟を出して下さった事がありました。

すると、その後…「どうしてあなただけ先生が一緒に行ってくれたの?」

「どういう手を使ったの?」 「他の人だって助けて欲しいよねぇ」

「それじゃぁ、毎回、先生に行ってもらいたいよ!」などと

追い詰めるような言葉を掛けられました。

暴言を浴びている方が異動?!って…と思いましたが、

周囲のリズムに同調せず、不和を生む存在自体がダメなようです。

まぁ春ですから、心機一転という事なのでしょう。

風にのって 10

綿毛のように風にのってふわふわと人生の旅を楽しむしかないわね…

春の海1

苦境に立たされた時こそ、心の海を広く持ってね…

今日は、愚痴でした。



関連記事

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

12 : 49 : 24 | 雑記 | page top↑
| ホーム |