FC2ブログ
三月春の富戸の海②~イソギンチャク編~
2020 / 03 / 30 ( Mon )
2020年3月27日、富戸ヨコバマを潜りました。1本目の終盤から…
三月春の富戸の海①の続きです…

2020年3月27日、497本目 富戸ヨコバマ 終盤編です…
1-29_202003301204364e0.jpg
フカトゲキクメイシ
1-30_20200330220947948.jpg
外壁を共有せず個々にわかれているのがキクメイシの特徴。
造礁サンゴは勢力拡大していますね~
1-31_2020033022131995a.jpg
あちらこちらにサンゴイソギンチャクがあり
1-32_202003302215202ca.jpg
大小のミツボシクロスズメダイも越冬。
1-33_20200330221653533.jpg
紫がかった美しいタケノコガイの仲間
1-34_2020033022182770c.jpg
ニシキベラ
1-35_2020033022185881e.jpg
今は、どこにでもいる印象ですが、
四半世紀前はクマノミ&ミツボシクロスズメダイの
イソギンチャクポイントは貴重で、
観に行くのが楽しみの一つでした。
1-36_202003302223110c4.jpg
南国化が進み、死滅せず越冬して増えましたね…
1-37_20200330222547cda.jpg
富戸に来たら、クマノミ&イソギンチャク観なきゃ!
という気持ちになります。
1-38_202003302227530f0.jpg
イソギンチャク畑ってなんか癒されますょね~♪
1-39_20200330223339085.jpg
あっ!ハコフグのチビちゃん…気付くの遅かった…
1-40_20200330223602208.jpg
ブチススキベラ
1-41_20200330224041895.jpg
タマイタダキイソギンチャク 南国化ですね~
1-42_20200330224910703.jpg
ハコフグ

魚影は少なめな季節ではありますが、
処々に南国化を感じる富戸の海でした。


山中先生による新型コロナウイルス情報発信
関連記事

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

18 : 01 : 59 | | page top↑
| ホーム |