FC2ブログ
応援の歌/STAY HOME
2020 / 05 / 07 ( Thu )
グレーの美猫里親募集再開しました。手作りマスクを希望の方は…
こんにちは~。

こちら犬・猫兄弟会のブログです。

桜2
皆さん STAY HOME 頑張りましょう~!

2020年4月1日以降、
COVID-19感染拡大防止のため
外出自粛を最優先とし、犬・猫の里親探しや、
ノラ猫TNRなど、動物ボランティア活動を休止中でしたが
STAY HOME期間ということで、ネット視聴される方が
普段より多くなっている状況を受けまして、 
ネット上でのグレーの猫の里親募集のみ再開します。
グレ3
グレーの美猫里親募集中(無料譲渡)
里親募集の詳細ページはこちら ⇒ クリックしてね♪
(H30.11.10の記事へ こちらが窓口です)

※緊急事態宣言が収束するまで
 お見合いなど外出による活動は休止中です。

母子
どうぶつ基金バナー200x40 (2)

山中先生による新型コロナウイルス情報発信

埼玉県の市町村別発生状況図

~~ ☆★☆ ~~ ☆☆ ~~☆★☆ ~~

ミシン
「繋がれ つながれ 赤い糸」と念じ続けて
不幸な境遇に置かれた犬・猫の保護、里親探しを
細々とではありますが、行ってきました。

家に居て出来る事を…ということで、
マスク2
作りたくても作れない人もいるようだとの
情報を頂きまして、手作りマスクを作りました。
マスク1
…カメを2つ入れようとしちゃう拘りの強さが嫌になるゎ。
作り方
新聞掲載の型紙を1.15倍拡大コピーして作りました。

マスクが手に入らず、
本当に困っている近くの人に

提供できればと思っています。

ご近所の方、TELまたはメールでご連絡下さい。

~ ☆ ~~ ☆ ~~ ☆ ~

疎遠になっている猫メンバーの皆様、
よろしかったら近況をお知らせ下さいませ。

(チルは猫が苦手なので、猫の記事が少ないけれど
 ボランティア活動としては犬より猫の方が4倍多い)

犬・猫の里親様、もしくは、
海の活動(ダイバー)をされている方は優先~

COVID-19は、サイレント肺炎。

無症状で肺炎が進行し、症状が出た時には
すでに肺炎が重症化しているケースが多いようです。

上手でもなければ、形もやや歪ですが、返し縫をしてあり
洗って繰り返し使用可能ではあります。

もう使い捨ての不織布マスクがネット上や直輸入の店などで
販売されるようになりましたが、以前よりはやや高値。

使い捨てでゴミを沢山出しまくっている時代に、
物が不足するという経験は非常に貴重であり
布や手作りの文化を見直す事ができて、
STAY HOME期間も学ぶ事は色々あるなぁと
思いました。

今後、大切な人に「手作りマスク」を贈る習慣ができたら
素敵ですねぇ…。

古着布を使用して、自作するのが一番よいかなとは思います。
手先を動かし物を作ることは、認知症予防にもなりますし
作ってみると結構楽しいのでおススメですょ♪

お顔の一部としての「観せマスク」
材料は、きっと押入れに眠っていますょ~♪
お気に入りの布でおしゃれに作ってみてね~

~~ ☆ ~~ ☆ ~~

5月いっぱいの緊急事態宣言の延長中に
外出自粛への「緩み」は大敵ですぞ!

飯能市の感染者は9人となりました。
医療従事者や入院先での感染のようですが、
自宅待機が多かった埼玉県では、家庭内感染も
避けられなかったようで、市中も家も、もうどこにいても
リスクだらけという印象です。

雑草花
5月中は、STAY HOME!頑張ろう!
人が動いていたら感染抑止できません。

人と会うのは八割減。
買い物は3日に一度、一人で入店し喋らない

できる限り、今は、人と会わないで家にいて。

命がけで働いている人々以外のヒトは、家に居て
STAY HOMEの徹底、協力しましょう。

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

ちょっとだけ、シロ母さんのことを記します。

このところ、雷の音がする度に、
シロちゃんの予備力のない心臓が
悲鳴をあげる日々となっています。

音に大変敏感で警戒心の強い野生動物系ですから
恐怖心が強くなると、呼吸が荒くなり涎が止まらず
パニック発作様の状態に陥り苦し気です。

昨年から抗不安薬も頓用薬として使用しています。

9年前に我が家に来た時すでに左右の心臓の大きさが
逆転していて、余命4年程(6才)と言われたのですが
もう5年も超過して、もう子犬達が今月9才になります!

間違いなく10年以上は生きているシロちゃんです。
シロ2
朝晩に作用機序の異なる2種類の抗圧薬を飲んで
いますが、お天気が良ければ猛ダッシュで走り込み、
葉っぱも沢山食べて腸管のお掃除もして
セルフケアの努力を欠かさない賢い犬です。

それでも、10~11才、もっと年を取っているのかも
知れない年齢不明なシロちゃんなので、
急変がある可能性が高くなってきています。
シロ1
重症心臓病を患いながらも、よくぞこれだけ
頑張って生きてくれていると本当に感謝・感謝!

~~ ★ ~~ ☆ ~~ ★ ~~

昨年の春、お星様になってしまったリクちゃんのママさんより
4月に一年振りにお便りをいただきました。

リクちゃんの死後、高齢のサンタ君のことが
実はとても気がかりだったのです…

ママさんの悲しみが深い様子でしたので
言葉が見付からず…
「応援の歌」にスリーショットを入れました。



近くに住むシロ子犬ちゃん達とは違い
遠い北海道で暮らす兄弟犬に…

高齢犬の里親様への精神的なサポート、
介助方法などのアドバイスや看取りの準備、
死後のグリーフケアなど数々の支援が
不足していたと改めて、反省しました。

遠くに居ても、もっとママさんの心に寄り添えたのでは
ないかと、思うと涙が止まりません。

幸せだった生前のリクちゃんの様子、
兄弟会でも共有しましょう → 一緒にいようね

私達、犬・猫兄弟会は、「皆兄弟」、
「ONE FAMILY」、 「ONE TEAM」
「奏で合う心の歌」を…

リク2
         (2013年5月撮影)

また後日改めて、リクちゃんママさんのお便りを
紹介させて頂きたいと思います。
関連記事

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

00 : 26 : 43 | | page top↑
| ホーム |