FC2ブログ
伊豆海洋公園(IOP) 6後編(11月)
2020 / 11 / 27 ( Fri )
2020年11月16~18日 伊豆海洋公園を潜りました。「カエル&キビナゴ祭」もいよいよクライマックスです…

前回に続きmomoが記します。

2020年11月18日 516本目 IOP 左側 の後編です。
2-57
左のかけあがり上を見ればキビナゴリバー♪
下を見ればカエルアンコウ祭♪という素晴らしい状態でした。
2-58
指されても一瞬「ん…?」と気が付かない
見事な類似カイメンを選んでいるところもカッコイイ~
2-59
シロクマ (クマドリカエルアンコウ)
2-60
体内が透ける稚魚(ネンブツダイ?)が群れていたり
石の隙間にはミナミハタンポやナミマツカサなど
色々と可愛いお魚がいて、楽しかった♪
2-61
ん…? だぁれ?
2-62
??? 毎度、わからない魚が多くて悩ましいですな…
2-63
石の隙間の少数派のキンギョハナダイも好き❤
2-64
大勢いると目移りしちゃって撮れないからね…
2-66
チョウチョウウオ
2-67
おや…随分と近場にお越しで~
2-68
大きな オオモンカエルアンコウ
「外さない」ガイドさんの心意気も素晴らしかったです!!
2-69
あぁ この貫禄あるウミスズメも居てくれました♪
2-70
そして、「カエル祭」をクロクマで閉める粋な計らいに
感動MAXでした!!
2-71
キンチャクダイ
2-72
ツノダシ ペアのシンクロを眺めながら
2-73
浅場へと戻ってきました。
2-74
多いですねぇ…このヒメジ 
2-75
モンツキハギ幼魚  
村の皆さんはどこへ行ったの?
2-76
ヤマブキベラ幼魚
2-77
入り江の皆さんにもお別れの挨拶を…
2-78
ツユベラ幼魚 
2-81
スロープまで来ていた フウライチョウチョウウオ
2-83
???
さぁ上がろうと思ったら…石に虹が映り揺らめいてる♪
2-85
IOPで海底の虹を見ながらEXしたのは初めてでした。
2-86
海の神様 有難うございました。

ダイビングサービスmieuxみうさん
大変お世話になり有難うございました♪ 
「カエル&キビナゴ祭」大興奮、大満足でした!!

~~ ★ ~~ ☆ ~~ ★ ~~

最後に…

現在は環境活動家として活動されている
武本 匡弘さんから いただいたメールに衝撃を受けました。

カメさんを愛する一人としてだけではなく、
多くのヒトに、この環境異変について周知・関心を
呼び掛ける場は沢山あった方がよいと考え、
以下、転記させていただきます。

~~ ★ ~~ ☆ ~~ ★ ~~

《 画像・文 環境活動家 武本匡弘さん 》

伊豆城ヶ島沖

ヨットでの航海中、伊豆半島沖で遭遇したウミガメ!

しかし、すでに死後数日経過していた姿、
この2週間で2回も目撃した。

ウミガメは恐竜を絶滅に追い込んだ時代以降も生き延び、
一億年以上も世界の海で命をつないできた。

しかしその存在を人類が脅かしている。

温暖化による海面上昇で産卵地である砂浜が水没し、
更には砂中温度が年々高くなり雌ばかり生まれている
という報告もある。

人の営みが絶滅に追い込んでいるのです!

エコストア パパラギ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

10 : 25 : 40 | | page top↑
| ホーム |