FC2ブログ
雨の日のメイ想
2021 / 03 / 13 ( Sat )
シロ子犬ちゃんのメイちゃんパパさんが、宇フォーラム美術館で二人展開催中です…

こんにちは。
こちら犬・猫兄弟会のブログです。
兄弟会
どうぶつ基金バナー200x40 (2)
※2021年3月現在、活動は休止中です。
河津桜1
2021年1月25日ハッピー14才になりました

いつでも里親募集中 ← ハッちゃんはこちらから迎えました。



~~☆~☆~☆ ~★~ ☆~☆~☆~~

今日は、雷鳴もなり雨が降り続いていますね~
シロ母さんは雷が大の苦手。息荒くなってきました。
悪天候で外仕事もできないので、更新を…。
う~ん何書こうか?

埼玉県は、COVID-19変異株感染者が多かったわけですが
徐々に他県へも拡大し蔓延の兆しが出て来ました。
梅1
次々と変異するウイルスに対しワクチンの効果が気になりますが
コロナ対応で疲弊し切った医療者達が先行接種して副作用も他国より
やや多い確率のようで、色々と大変だなと思います。
医師・看護師の多くは夜勤もあるから、負担は多大ですからね…。
公園12
先日、テレビドラマ「神様のカルテ」が終わりました。
このドラマを視ながら、病院で働いていた時の事を思い出しました。

最初に勤めた療養型の病院では、いつも人手不足状態で、
次々と退職者が出て夜勤者が不足し16時~9時半まで
17時間半の夜勤を月8回やるようになってしまいました。

オムツ交換は助手さんが行って下さっていましたが
寝たきり60床に看護師は1人で経管栄養が半数。

夜間の急変も多く、一睡もせずに動き回って必死に働いて
朝食後の車椅子からベットへの移動介助時には
足に力が入らない事もありました。

常に満床で、日々、亡くなってはサッと片付けられ、
新たな入院者を迎えるという繰り返しでした。
死亡が重なる日には、霊安室の2床では足りず、間に
ストレッチャーのまま安置する事もありました。

今は、コロナ死にカウントされる高齢者が多いので
高齢者の終末期医療も従来とは違ってナチュラルコースともならず、
転院調整、そして延命のための濃厚治療などあり更に色々と大変なのでしょう。

不慣れな医療現場で奮闘し病院を替えたりして5年間働いてみたけれど
心身の疲弊や体調不良など色々とあり…働く気力は減退。
医療の現場を離れた翌年、コロナ禍となりました。
犬1
今思うと、よいタイミングでの決断でした。
退職後、通った職安では、一度も看護師としての職紹介をされる事が
ありませんでした。(看護助手と介護ばかり紹介された)
看護師不足だと言われていますが不思議ですね…
新4
役立たずなのかも知れないけれど、このコロナ禍、
犬もヒトも年老いて来た家族と近隣の地域の方々に、
家にいても求められる知識や施せる看護がある事もわかってきました。
新聞1
新聞2
今は、人里離れた山間から潜っと世の流れを注視って事で…。
足跡
朝になると野生動物の足跡だらけ…畑は全滅だょ~ん!
花粉飛散が凄過ぎて鼻炎が酷く、柵の補修ができていないから仕方ないか。

~~ ☆ ~☆~☆~ ☆ ~~

二人展1

二人展2

緊急事態宣言下のコロナ禍、
東京都内は300人超の感染者数が確認されており
下げ止まり、変異株の感染拡大も懸念され、更に一層の
「STAY HOME!」が呼び掛けられている時に
外出はおススメできませんが、
アーティストさんも苦境の中、頑張っておられます。
メイ1芝生散歩メイ
(もうすぐ10年経ちます…幼少期のメイちゃん)

要予約なので詳細はご確認下さい→宇フォーラム美術館 ← クリックしてね♪

二人展1



関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

14 : 46 : 20 | 雑記 | page top↑
| ホーム |