fc2ブログ
急性骨髄性リンパ腫
2021 / 05 / 14 ( Fri )
衰弱していたハッちゃんは、予約の受診日になり、検査と治療を受けました…
こんにちは。
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)
八18
COVID-19(変異株)感染急拡大により、
2021年5月現在、外出を伴う積極的な
動物ボランティア活動は休止しております。

里親会10周年記念作品「推定の誕生日Ⅱ」は
成犬を里親で迎え、誕生日も過去もわからなくても
十分に幸せですょという思いを込めて制作しました。


ネット上でも犬・猫の里親募集は沢山ありますね…
購入ではなく、保護された犬・猫の里親になる
選択肢もご検討下さいね

いつでも里親募集中

ペットのおうち

埼玉県譲渡認定団体

~~ ☆☆ ~~ ☆ ~~ ☆☆ ~~

2021年5月14日、やっと受診予約日になりました。
八17
内服効果が全く得られないまま衰弱の一途を辿り
もう立ち上がる力も残っていない状態となって
しまいましたが、なんとか朝一番の受診に
漕ぎ着けました。

先月の健診で血液検査の異常値はなかったのですが
今日の血液検査の結果、診断がつきました。

「急性骨髄性悪性リンパ腫」

どうりで、内服の薬効が得られなかったわけだ…

たまたま偶然、集団接種の頃に急性リンパ腫に
罹患していたという事のようです。

脾臓の巨大腫瘍(直径2.5cm)も播腫かも
知れないとの事でしたが、そちらは今どうこうと
いうことはないようです。

この三週間は猛烈な水様便が頻繁に出て
苦しそうでした。
一週間前からは、経口摂取をしなくなり
注入で水や無脂肪ヨーグルトを口に入れても
ほとんど流れ出てしまって脱水状態が
進んでしまって、前日はフラフラになって
とうとう倒れ込み抱いて帰る程の衰弱状態でした。
八16
やっと診断が確定し、病気の進行についての説明を受け
治療の選択肢についても示されました。

ひとまず、脱水症状が危機的な状況なので
輸液(ラクテック注500ml)受け、
一時的に状態が上がる可能性のある
ステロイド療法を3日間試す事になりました。
ステロイドは諸刃の剣。
状態が一時的に上がる可能性はありますが
播腫があった場合、なくなり、その場所に
穴が開くという危険性もあるのだそうです。
八15
血液データ上、リンパ球高値(95%)であり
かなり弱ってしまっているので、今は
ステロイド注射が効いてくれることを祈ります。

ハッちゃんは急性白血病
シロちゃんは重症心臓病
まぁ大変な病気を抱えた犬達ですな。
看護のしがいがありますゎ…
八2
病状が進行すると全身に及んでくるので
闘病の辛さは壮絶なものがあるから
場合によっては安楽死の選択もあるという
お話まで聞いて帰ってきました。
八14
私達にとって、最善の選択肢がどれなのか…
病状の進行を看ながら考えて行きます。



それでは ごきげんよう



八ちゃんは一生、ステロイド薬の
お世話になりっ放しですねぇ…
関連記事

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 09 : 44 | | page top↑
| ホーム |