fc2ブログ
お別れの日(ハッピー)
2021 / 05 / 22 ( Sat )
ハッピーが亡くなり翌日はお別れの日となりました。
美しかったハッちゃんの姿も見納めとなりました…

こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)

2021年5月21日 18時30分
ハッピーが急性骨髄性リンパ腫のため永眠しました。
享年14才4ヵ月でした(推定)
八26
約一ヶ月程の急激な白血病症状(水様便&下血)と
闘い、最期は静かに息をひきとりました。
八1
悲しみの一夜が明けて、お別れの日となりました。
八2
朝から、ご近所・兄弟会の方々がお別れに来て下さって
最後のハッちゃんの美しい姿を見て頂けて嬉しかった…
コロ家から畑で作っているイチゴもいただきました。
八3
イチゴはハッちゃんの大好物でした♪
犬・猫兄弟会やシロ子犬ちゃん里親様からお花も
沢山いただいて、花と苺の香りに包まれて
お別れまでの最後の時を感慨深く過ごしました。

レオンちゃんのママも大きな花束を持って
駆け付けて下さって、一年前の
レオンちゃんとのお別れについても
少しだけ、一緒に振り返ることができました。

近隣の方々や猫の里親様のお立寄りもいただき
ハッピーは地域でも愛されていたんだなぁ…と
1日中、うるうると涙と感情のコントロールが
難しかった…
八4
夕方、華やかな沢山のお花と共に、
痩せ細り軽くなった体を抱き上げて
火葬炉へ運び入れました。
遺骨
心に痛みを伴う作業も含め、
色々な感情との葛藤がありましたが
ハッちゃんにしてあげられることは里親として
全て終わってしまいました。

ハッちゃんは放浪犬でした。
保護され里親募集をネット上で見付けた瞬間から
「この子だ!」と何故か思いまして、即応募し
茨城県内の方から譲っていただきました。

終生愛育の報告が条件であり、
最初は写メで送っていましたが
半年後、我が家でも白い放浪犬を保護したため
飼い主探しを兼ねブログを開設しました。

購入ではなく、保護された犬・猫の里親となる選択肢…

実際に里親となった方々との出会いにより
(ネット上も含め)とても沢山の学びがあり、
不幸な犬・猫の保護活動も
有意義な時間であることに気付きました。


ハッピー&シロを迎え入れた当時、茨城県内は
動物愛護センター収容犬や殺処分の数が
国内でも多かったようで、里親募集が沢山ありました。

ハッピーの「茨城犬」のご縁から、
シロ母子犬を助ける活動や
地域内の相談・依頼を受けての
保護、里親探し、地域猫活動(TNR)など
動物のための自分に出来る範囲でのボランティア活動も
細々とではありますが経験することができました。


ハッピーを無料譲渡していただいた
恩返しができたらいいなぁ。

里親さん達が繋がり合うことで終生愛育を支え合う
温かい心の輪で励まし合えたらいいなぁ…

と思いながら過ごしてきました。


犬・猫兄弟会は保護した犬・猫を新たな里親様を
探して無料譲渡しておりますが、だからといって
この犬・猫の命は決して「タダの価値」ではないんです。

グレ4
グレーの美猫 里親募集中
(推定7~8才のオス 去勢術済)

自分と家族の生涯の中で、
最も充実した良い時期に訪れる貴重な機会とご縁。
「家族」に迎えた物言わぬ命に対して
全力で向き合い、育み、愛して、苦楽を共に歩む
人生をかけた大仕事がペットを迎え
終生愛育を全うするという事なのだと思います。



皆の兄貴分だったハッちゃんが旅立ちましたが
歩みは続く「大きな家族」
悲しい日も涙が止まらない日も…
雨の日も晴れの日も、生きている限り
歩み続けましょう。


別れの日も温かい心を寄せていただき
本当に有難うございました。

さて、5月23日はレオンちゃんの命日、
5月26日はシロ子犬ちゃん10才の誕生日と
ライフイベントは続きます。
シロ母さん出産10周年ってことだから
何かお祝いしてあげようかな…

それでは お元気で。 ごきげんよう。

関連記事

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

22 : 14 : 32 | | page top↑
| ホーム |