fc2ブログ
帰りを待つ
2021 / 06 / 06 ( Sun )
ハッピーが旅立ってから早2週間が過ぎました…窓辺で帰りを待ち続けたシロちゃんでした…

こんにちは。
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)
兄弟会
2021年5月26日、シロ子犬ちゃん10才になりました
10年間の皆様の愛育に深く感謝しております。
私達One familyの10年の歩みを歌にしました♪


~~☆~☆~~☆~☆~~☆~☆~~

犬達は繋がれて自由がなく我慢を強いられていても
この社会のルールに則り、朗らかに笑って
従順に暮らしてくれています。
公園1
放浪のリスクを軽く考えずに、事故・トラブル・不快の
ないよう飼育環境を見直し、飼い主と共に、
散歩を続けて下さいね。
八9
「人生の中で忙しい当事者は無駄な時間だと
感じているかも知れませんが
犬散歩の意義はとても大きいのですょ!!」
と経験者は語りたい。
八13
老犬となり飼い主の察する心、配慮の行動が
増々必要となって来るかと思います。
ふたり
近年の温暖化や環境異変もあり、悪天候時や夜間は
室内に入れて過ごせるよう老犬への対応をお願いします。
夕空
ヒトより早く年老いてしまう大切な家族の一員に
どうか、悔いなく寄り添って楽しい思い出を
沢山積み重ねて行って下さいね。
庭7


~~ ☆ ~~~ ☆☆☆ ~~~ ☆ ~~


COVID-19(変異株)の感染拡大で
感染経路遮断のための人流抑制、
「感染しない・させない」ための
外出自粛が呼び掛けられています。
雑草花
2021年6月現在、外出を伴う動物ボランティア活動は
休止中です。
成猫一匹のみ当ブログにて里親探しております。
グレ5
保護宅での仮暮らしも3年となる成猫の

グレーの美猫 里親募集中です。

グレ3
グレーの美猫 里親募集中 ← 詳細はこちらへ

グレ4
繋がれ つながれ… 赤い糸


~☆~★~☆~★~☆~★~☆~

2021年5月21日 午後6時30分 ハッピーは
急性骨髄性リンパ腫のため旅立ちました。
(推定 享年14才4ヵ月)
花2
兄弟会をはじめ、ご近所さん、犬友の皆さん…
沢山の方々に心のこもったお別れしていただき
「ハッピーは幸せな子だったんだなぁ」と飼い主も
慰められました。
八1
早いものでもう2週間が過ぎちゃったんだなぁ…
窓1
この2週間はシロちゃんが彼の帰宅を待ち続けて
いました。
窓3
最後に亡骸を運び出した方向を繰り返し眺めて
ひたすら待って窓辺で過ごしました。
花弁
ハラハラと舞い散る野バラの花びらは
ピンク色のハート形で…
窓2
お空のハッちゃんからの贈り物のように思えて
涙で滲み満開の野ばらも見れない日々でした。
花3
思い出満ちる…この家の中、そして散歩道…
シロ1
しばらくは、残像が脳裏に重なり、色々と思い出して
ふと悲しくなったりしながら過ぎて行くのでしょうね…
散歩8
10年間ずっと隣をハッちゃんが歩いていたからね…


10年間を歩んで来た今だからこそ
兄弟会の皆様に再度、犬を飼うという事について
改めて家族と一緒に考える機会を持って欲しいので
リンクしておきます。
犬を飼うってステキですか?

愛犬を亡くした私は…ラストで号泣でした。


タック3
初代  タック 黒い中型犬 放浪していて保護した犬。
     約半年程で まだ若犬で突然死

チル7
2代目 チル 超大型犬のセントバーナード
     繁殖したけど飼う人がいなくて譲られた犬。
     飼い始めてすぐに難病となり約1年闘って克服。
     その後は元気に生きて グッピーを育て仲良く暮らした。
     13才半 老衰

グッピー2
3代目 グッピー 柴系雑種 貰い手がなく譲られた犬。
     母犬は後に保健所殺処分された。
     病気一つせず健康に19才8ヵ月の大往生
     長寿だったが、他の犬とは遊べなかった。

ハッピー♪
4代目 ハッピー ネットの里親募集で迎えた放浪犬。
     体が弱くて病院通いが絶えなかったが穏やかで
     賢くフレンドリーな優秀な犬だった。
     14才4ヵ月 急性骨髄性リンパ腫(白血病)で他界

NEC_0148.jpg
5代目 しろ
     ボロボロな姿で真冬の川原を歩いていた。
     放浪していて近所の鳥小屋を襲い、保護した老犬。
     飼い主さんがいるのではと探していたが
     見付からないまま3ヵ月後 老衰

母子3
6代目 シロ 
     ハッピーの茨城犬のご縁で、母子を救うために動き
     母犬を迎えた。2011年5月に7頭を出産。
     重症フィラリア症でヒ素治療し陰転後も
     三尖弁閉鎖不全の重症心臓病で余命4年と言われたが
     内服を続け10年以上生きている。
     後足にも障害がある。推定12才

保護活動で関わった犬は約20頭…
マロン5
里親様が決まって迎える準備が
始まっていたのですが、お迎えの日を
待たずに旅立ってしまったマロンちゃん…

悲しい経験も色々とありました。

ブルーアイ
猫はTNR活動にも参加し70匹以上でしょうか…     
鯖虎仔猫1
まぁ 猫はどうにも苦手でしてね…
然程の思い入れはないんですけどね。
みい4
それでも 最善の方向へとできることはやって
健闘してきた方じゃないかな。
後は愛猫家さんに託してます…

約40年程、犬と暮らしてきましたが
我が家ではシロちゃんが最後の犬となりますので、
もうしばらくワンコライフが続けられます♪     
散歩1
これもハッちゃんのご縁のおかげです。

それでは ごきげんよう
関連記事

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

13 : 14 : 46 | | page top↑
| ホーム |