fc2ブログ
ニホンアナグマ
2021 / 10 / 04 ( Mon )
朝からシカの銃処分の放送で始まった日曜日…罠に入った野生動物はタヌキではなくアナグマのようです。

こんにちは
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)

2021年10月現在、COVID-19(デルタ株)蔓延の
緊急事態宣言は解除されましたが感染予防のため
外出を伴う動物ボランティア活動は休止しています。

グレさんにお見合い希望の方が現れ嬉しかったのですが
猫を飼う事自体を娘さんに猛反対されたとの事で
お見合いはキャンセルとなりました。
・・・残念~
グレ9
・・・というわけで、捨てられてノラ化したと思われる
洋猫らしき美猫2匹、再び里親募集中です。
捨て猫2匹の里親募集中です ← 詳細はこちらへ クリックしてね♪
(マーブルの猫は現在も山間の放浪暮らし)

空前の猫ブームで成猫の里親希望者も増えているようなので
当ブログの募集も誰かの目に止まってくれたら嬉しいナ~…

まぁ こればかりはご縁ですからね~
気長に待っていま~す。

~☆~ ☆ ~☆~ ☆ ~☆~

さて・・・ここからは雑記です。
2021年10月3日(日)のことです。
温暖化だからなのか何なのか?
野生動物が人住域に来て畑の野菜を食い荒らす被害が
多発するようになっています。

近所でも畑の獣害は悩ましく仕掛けた罠に「タヌキ」が入った
との事で犬散歩中に観せていただきました。
穴熊2
ん・・・? これはタヌキとは違うみたいですょ!?
穴熊3
ニホンアナグマかと思われます。

2011年4月にアナグマの亡骸を観察しました。
山王峠でアナグマひき逃げ

一瞬通り過ぎる姿などは類似する
タヌキ、アナグマ、アライグマ、ハクビシン…
狸2
(2016年6月撮影 タヌキ)
正丸峠3
(↑は正丸峠の山中に設置されています)

タヌキはイヌ科タヌキ属 (地面についている指が4本)
アナグマはイタチ科アナグマ属 (全足爪ある指5本)

タヌキもアナグマも外来種ではないので
人里離れたお山へ帰すとの事です。

日本では古くから馴染みあるタヌキですが
イヌ科としては世界的には珍しい動物らしい…

近年は獣害駆除も行なわれているようで
未来を生きる子ども達にはSDGsなどの理解と共に
「人類だけの地球」ではないという考え方も
知り学ぶ機会がある事を祈ります。

先日、NHK日曜美術館で
動物写真家の宮崎 学さんが紹介されていました。

東京で写真展も開催されているとのことで
感染対策をして行きたいな~と興味津々でした。

宮崎 学 写真展 「イマドキの野生動物」

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

獣害を免れ、小さめですが南瓜が一つ成りました。
南瓜
犬散歩の途中で福来パパさんから
坊ちゃん南瓜をいただきまして、早速晩のおかずに。
夕飯3
梅シロップの煮付けで色鮮やかで美味しく出来ました~
夕飯2
人参シリシリーは九州の母の味だ~♪
朝7
秋なのにドクゼリ満開の湿気多い山裾です。
関連記事

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

14 : 54 : 49 | 雑記 | page top↑
| ホーム |