fc2ブログ
伊豆海洋公園(IOP)4(12月)
2021 / 12 / 21 ( Tue )
2021年12月15日、伊豆海洋公園を潜りました…2本目を振り返ります。

こんばんは。
momoが潜った海のことを記します。

2021年12月14~16日の3日間
海への復帰練習合宿を行いました。
5-4
2日目は、ルビーナダイバーズさんにお世話になりました。
5-2
この日は、天気も良くて暖かく、海況も抜群に良かったです。
1本目は、2の根に着いてから急にカメラが動かなくなったので
2本目は、こんな事もあろうかと予備に持っていたカメラで
5-3
陸でも撮れる事を確認してから入ったのですが…?!
5-1
海に入った途端ピタリと動かなくなってしまいました。
というわけで、海中撮影は出来なかったので
前後日に撮った同じコの画像を使ってまとめます。

2021年12月15日 542本目 IOP 左側

潜行前、ブイの近くに小さなイカがいました。
ルビーナダイバーズさんのブログを
ご覧下さいね♪
こんな季節に小さなアオリイカ…
4-7
ウメイロモドキ群の中に一尾だけササムロがいました。
南国っぽい雰囲気ですね~
4-5
クロホシイシモチ群も青い海に映えてきれい~
4-3
シロクマ1号
4-4
シロクマ2号
4-10
スズメダイ群
4-6
赤のフカトゲキクメイシ

左側では先月に続き、
モンスズメダイ幼魚
フエヤッコダイ
ソメワケヤッコ幼魚
ハタタテハゼ群
アブラヤッコ幼魚
レンテンヤッコ大中小…
マダラタルミ幼魚
ハナキンチャクフグ
などが出まくりでゆっくり観察できました
6-15
カメラを持たない日に限って魚達は
超ボーナスステージなんですよね~…残念

ですが、左側のストーンサークル(私が勝手に呼んでいる所)
6-23
10月にハダカハオコゼに会った場所の確認
2-32
ローソク岩とヒオウギガイの岩との位置関係も確認
2-37
などなど自分の目印確認に没頭しちゃって
後からガイドさんに「ゾーンに入ってた」と言われちゃった

長期ブランクからの復帰後、まだまだ自分の中に
安心して潜れる散歩地図が作成できていないのが不安で
一刻も早く、頭と体に馴染む地図を仮作成でもいいから
しておきたい気持ちなのです…。
4-11
陽射し燦々で明るく透明度も良くて
かけあがりも美しくとても気持ち良かった~♪
4-12
浅場もゆっくり楽しめ、
入り江も隅々まで泳ぎ回って遊べました。
4-8
サザナミヤッコ幼魚も可愛かったし
ヌノサラシは2尾出て来てビックリしました!

というわけで、この日は2尾行動が多く見られ
「×2」の得々デーでした♪
4-13
写真撮影はできなくて残念でしたが
海の神様が、カメラに頼らず、自分の感性で
描いたり作ったりする表現で他に伝える努力をするように
促しているのかなと思えました。
5-5
海の神様 有難うございました。
(帰りの伊豆急乗車中に海を撮影)
3-11
持続可能な未来のためのSDGsでも
「海の環境を守ろう」という意識が大切です。
ログ1
ログ2
ログ3
長期ブランクから復帰後3回目の秋~冬となり
だいぶ、ログブックのお絵描きも楽しくなって
きてはいるんですょ♪
Xmas2_20191204104136c0a.jpg
長い月日…萎えた心の中は、お魚達が泳がなかった。
そんな寂しさから今、ようやく再び青い水も燦々と輝く光も
注がれて賑やかに魚達が泳ぎ回るようになってきた…
そんな感覚です。
3-3
今日のこの素晴らしい海のこと
楽しかった一日をずっと忘れないでしょう。
ログ1
ルビーナダイバーズさん
沢山の感動をどうも有難うございました

~~  ~~  ~~  ~~

現在、環境活動家として活躍されている
武本匡弘さまよりご献本賜りました。
どうも有難うございます。
本
読みやすい素晴らしい本です!!
ぜひ一人でも多くの人にお手にとって頂きたい本です。

プロダイバーが伝える気候危機
「海の中から地球を考える」
武本 匡弘 著   汐文社 

エコストア パパラギ
関連記事

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

14 : 28 : 53 | | page top↑
| ホーム |