fc2ブログ
伊豆海洋公園(IOP) 5後編(12月)
2021 / 12 / 24 ( Fri )
2021年12月16日、伊豆海洋公園(IOP)を潜りました…1本目の後編です。

こんばんは。
momoが潜った海のことを記します。

12月の復帰練習合宿も3日目、いよいよ最終日です。
5-1
1日目は、GO TO THE SEA さん
2日目は、ルビーナダイバーズ さん
3日目は、ダイビングサービスmieuxみう さん
にお世話になり伊豆海洋公園を潜りました。

2021年12月16日 543本目 砂地~左かけあがり
前編に続く後編です。
5-26
海の中の岩々に着くカラフルなカイメンは
自然が作り上げる芸術!抽象画みたい♪
5-25
カイメンも生きているし小さな魚の拠所にもなっている
陸上とは違う景観。…何故かそれだけでも感動♪
5-31
「ツマグロハタンポは夜行性なので
昼間は岩穴に潜む」と図鑑にある。
夜は出て来て群れてるのかぁ…Night面白そうだな~
5-32
今季は損傷が激しい ミレポラコモンサンゴ
5-33
このミナミギンポ&テンクロスジギンポは
いつも一緒に泳いでいますねぇ…
5-34
ミレポラコモンサンゴ復活するかなぁ…
造礁珊瑚の観察は復帰後の新たな楽しみとなりました。
5-38
この辺はかつてはアントクメが森のように生い茂っていた
のですが今はこのように石肌が露になっています。
約20年のブランクの間に激変した海中景観。
陸での砂漠化と同様の温暖化の一現象なのかな?
5-39
いつものコだ♪ 
ブダイの寿命は7年くらいなのだとか。
「緑がかった雄は二次雄のみ」と図鑑にある。
二次雄というのは性転換して♂になった雄のこと。
君は今、最も輝く雄の姿なんだね~ Beautifulね~
5-40
ウメイロモドキの一群は浅場を回遊していました。
5-41
一尾だけササムロが混じっているところが素敵と
群れに見惚れていたら、このコがアイコンタクトを…
ん…? あなたも撮って欲しいの?
5-42
今の海には、いっぱいいて珍しくないから
注目は浴びてなさそうよね?

だけど四半世紀前には、こんなにうじゃうじゃいなかったし
ホウライヒメジなのかオキナヒメジなのか
今一つ区別がよくわかりません。
(手持ちの図鑑にピッタリくるコが載ってない)
そもそもIOPってこんなにヒメジ類が多かったっけ…?

いいょ~ 撮ってあげるょ♪ ポーズとって~
5-43
なんとなんと…
ピタリとカメラ目線でポーズをとってくれました!
5-44
美しい色合いで素敵なお魚なんですけどね…
モデルさん アリガトウ~
気候危機、プラスチック汚染…
魚達が暮らす環境も人間活動による影響を受けているから
このコも何か…海の中から発したいメッセージがあって
ここに登場してくれているのだと思います。
5-45
浅場の村の皆さん お元気ですか~?
今季はノドグロベラのペアも入っていますね♪

ガイドさんが全集中の呼吸でシボリ業務に入ったので
入り江内を散策して昨日のリベンジ撮に励みました。
5-46
ナミマツカサ
5-49
イシガキダイ
5-50
カンムリベラ
5-51
ニシキベラ
5-47
呼鈴が鳴り、急行♪ 
小さ~な ベニシボリガイ!!
5-48
可愛い~今季初シボリ♪
入り江内の砂底にこんな美しい貝がいるなんてビックリ~
5-52
海の神様 ありがとうございました。
燦々と降り注ぐ God Ladder(神様の光)に
感謝の祈りを捧げます。

凪の静かな出入口。
滅多にないこの静けさを楽しみたい♪
5-53
ボラが来ていました! ボラを見るのも久し振りでした。
5-54
ミナミハタンポの幼魚ちゃん達
5-55
わぁ~ 海から上がる直前までボラ大サービス!!
5-56
抜群の好海況に恵まれ楽しい1本目が終了しました。

ダイビングサービスmieuxみう さん
有難うございました。

次回、2本目へ続く
関連記事

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

00 : 47 : 39 | | page top↑
| ホーム |