fc2ブログ
伊豆海洋公園(IOP) 7前編(12月)
2021 / 12 / 25 ( Sat )
2021年12月16日、伊豆海洋公園(IOP)を潜りました…この日、3本目の前編を綴ります。

引き続きmomoが潜った海のことを記します。
2021年12月の復帰練習&制作取材の合宿は、
1日目は、GO TO THE SEA さん
2日目は、ルビーナダイバーズ さん
3日目は、ダイビングサービスmieuxみう さん
にお世話になり伊豆海洋公園を潜りました。

いよいよ最終日の3本目、ラストダイブです。
7-1
2021年12月16日 545本目 IOP2の根~1・5番
7-2
海況は超良好で穏やかな凪。透明度も抜群です!
メジナやニザダイが群れていました。
7-3
チョウチョウウオやツノダシもの~んびり♪
7-4
このトゲアシガニは腹に寄生虫がついていました。
ウンモンフクロムシかと思われます。
この乳白色の球状のものは、エキステルナと呼ばれる
フクロムシの生殖器で卵巣と卵が詰まっている部分。
フクロムシの本体部分はインテルナと呼ばれ
カニの体内に植物の根の様に張り巡らされて
カニから栄養を奪い、カニの腹部神経節は侵され
カニは自分の卵を抱いている錯覚を起こすのだそう。
このトゲアシガニは複数の脚が欠損しています。
…寄生虫 恐るべし!
7-51
寄生虫によって、今のIOPにやたらといっぱいいる
トゲアシガニが減っていったりするのかなぁ…

前日ルビーナダイバーズ さんに
ポップアイという病気のアイゴを教わりました。
勿論、このコの姿を今日もCheckしましたが
7-35
お魚達の栄養状態、健康状態
生育環境など様々な事に気を配りながら
観察しているんだな…と学ぶ事がとても多かったのです。
7-5
そんな風に考えた事がなかったから新たな視点も萌
有り難いお話しが聞けて良かったです。
7-6
中層移動で1.5番へ クマノミ城が見えて来ました。
7-7
午後2時過ぎの陽射しが明るく海中を照らします♪
7-8
ミナミハコフグ幼魚2号
7-9
クマノミ城のコは2号
7-10
ここは魚影が濃くて、楽しい所ですねぇ♪
7-11
クマノミ ペアやミツボシクロスズメダイ群、
オトメベラやウメイロモドキなどもいます。
7-12
アオウミガメもいました!
7-13
嬉しくて…ただひたすらのカメさんタイム♪
7-14
小さめな可愛いカメさんでした。
7-15
あ~…沖へ行っちゃった~と思ったら戻って来た♪
7-16
今日も最高に楽しい海だ~♪♪♪
7-17
おぉ…先月と全く同じ所にクエがいました!
7-18
ここから昨日撮影できなかった魚を探しましたが
再会は叶わず…
一度行ったくらいではわからないので今後、
2の根も目印など決めて散歩道を覚えて行きたいな…
3-11
またいつか再会できますように…(前日に撮影)
7-19
ホムラチュウコシオリエビ
7-20
カサゴ
7-21
大きなキタマクラ  オトヒメエビ
7-22
ウミシダの仲間
2の根に別れ1・5番へと戻り、先月とほぼ同じ岩で
7-23
ミナミハコフグ幼魚 1号に再会できました。
7-24
可愛いかったです 
7-25
そして帰路もまた同じ場所でアオウミガメに再会して
7-26
大はしゃぎの楽しい時間を過ごしました。
7-27
海の神様 ありがとうございます。
7-28
…ガイドさんが一番嬉しそうでしたね♪
7-29
オキナorホウライヒメジの一群が来ました。
7-30
食べもの探しに夢中ですね…
7-31
このヒメジは1・5番も左のかけあがりにもとても多いです。
集団行動で紅藻を漁っている姿をよく見掛けます。

次回、12月合宿の最終話(後編)です。
ご覧頂き有難うございました。
関連記事

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

20 : 11 : 08 | | page top↑
| ホーム |