fc2ブログ
励ましてくれたジョウ
2022 / 02 / 16 ( Wed )
畑の柵の改修作業中、ずっと傍にいて励まし続けてくれた野鳥がいました…

いかがお過ごしでしょうか?
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)
立雛1
数年に一度の大寒波到来中!!!
環境異変・気候変動による天災が世界中で起こる昨今、
想定外の低温が懸念されます。
夜間帯は屋内へ入れて寒さ対策をして下さい。
10才を越えた老犬への労りの心を忘れずに
 
※愛犬を察し寄り添う心を忘れないでね
 → 犬の十戒 

~ ❄ ~~ ❄ ~❄~ ❄ ~~ ❄ ~

シロちゃんは朝・夕、違うお散歩コースを選択します。
紅白梅
ハッちゃんがいた頃は、ハッちゃんがいつも同じコースを
通りたがり、黙々とついて行く感じだったのですが
独りになって意思表示が出て来ました。
シロ
長距離コース(4km以上あるかな)は2日おきくらいに
チャレンジするようになっています。
散歩1
入念に臭いを嗅ぎながらのなかなか進まない散歩…
ではありますが、散歩道の風景をゆっくり楽しむ機会と
考えれば、色々と気付く事もあり楽しい時間です♪
石垣
昔ながらの積石だけの石垣も残っていて
美しく見応えあります。
散歩中、道ですれ違った人からも
よく声を掛けて頂いています。
先日、何故か?レオンくん(二代目)のやんちゃな噂を
耳にしたんですょ…♪
山間地域もどこかで繋がっているんだなぁと
ちょっと嬉しくなってしまいました♪
2レオン16
ばあやはいつも健やかな成長を願っております。

あぁ 会いたいなぁ…皆さんに
今は訪問自粛を続けていますが
コロナ禍が終息した暁には、ぜひまた
兄弟会を開催したいなぁ。
それから、市内の猫ちゃんの里親様にもお会いしたいなぁ~
Dave2
それまで どうか 皆さま お元気にお過ごし下さい。


~ ❄ ~~ ❄ ~❄~ ❄ ~~ ❄ ~

COVID-19 
第6波(オミクロン株)感染急拡大中! 

誰も言わなくなりましたが…
「感染経路の遮断」のための人に会わない工夫
できるだけ人混みの中へ行かない「STAY HOME!」の
心掛けは感染防御対策としては基本的に大切だと思います。

もう人が多い場所・時間に出掛けないのが得策でしょう。
できるだけ、「人と会わない暮らし」に協力しましょう。
シロ28
冬季オリンピックもお家で静かに観戦しましょう

NHKデータで見る新型コロナ感染状況

山中伸弥先生による新型コロナウイルス情報

~ ❄ ~~ ❄ ~❄~ ❄ ~~ ❄ ~

令和4年2月13日は看護師の国試でしたね。

私にとっての国試の思い出は食べ物ばかりなんですょね~…

①過去問・問題集を解いて勉強していた頃は
 やたらとアイスクリームを食べていた事。
②受験の前には学校から「イイ予感」で
 いよかんが配られた事。
③受験前日は会場近くに前泊したのですが
 都会の駅地下食品コーナーが珍しく嬉し過ぎて
 3時間以上もブラブラとデパ地下やスーパー、商店街で
 食べ物を見て歩き…
 苺クリームのミルフィーユケーキを食べた事。

なので、アイスクリーム、いよかん、ミルフィーユケーキ
を見ると国試を思い出します。

まぁ、国家資格も遊ばせてちゃ意味ないじゃ~ん
ではありますが、その後に病院で働きながら通信で学んだ
保育士資格もまだ一度も使ってないです。

看護師や保育士は責任が重く感染リスクなども高く重労働。
その割には、安く働かされています。
個々の特性や能力などを大切にした職育・配置をして
人材を大切に扱ってくれないのなら、
一つしかない体と命…
リスクの高い現場で今は働く気がしないです。

コロナ禍で感染を地域内に持ち込み「村八分」となる事の
方が怖いと、多くの看護師さんが離職したのも事実。

社会資源として眠れる資格保持者の人材の掘り起しも
あまりなされていないのか、ハローワークからも
無資格でもできる看護助手は紹介されたけど
一度も「看護職」の紹介を受けた事がなかったです。

まぁ、成長は人それぞれ…
大人になって働いてみて、自分のお金で学んで資格GET
して、新たな経験をしてみるのも面白い。

いつだって人生の選択肢は一つじゃないから
今、もし受験に失敗したり思い通りに行かない方向へ
歩み出す事になったとしても、今できる事をやってみて
不本意でもやってみて、前へコマを進めて、
進んでみた先にまた見えて来るものがあるから
その時にまた選択したらいいと思いますょ。

嫌だったら無理にしがみ付くことはないし
疲れちゃったらやめたり休んだりすればいいし
一つしかない命と体…とにかく愛おしんで
まずは健やかでいられるように生きて行ければ
と願うばかりです。

~ ❄ ~~ ❄ ~❄~ ❄ ~~ ❄ ~

この冬、畑の柵の改修作業をしていたんですが
不思議と人懐こくいつも傍にいてくれた野鳥がいました。
柵1
ジョウビタキなので「ジョウ」と呼んでいました。
柵2
まるでハッちゃんが鳥になって傍に来て
くれたんじゃないかと思うような不思議な親しさで
ずっと近くで励まし続けてくれたんです。
野鳥
ジョウ 有難うね。
君のおかげで根気強く作業できたょ♪

それでは ごきげんよう




関連記事

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

22 : 25 : 37 | 雑記 | page top↑
| ホーム |