fc2ブログ
さようなら タンタン
2022 / 08 / 29 ( Mon )
10年前に里親探しをした猫のタンタンが老衰のためお星さまになりました。

こんにちは。
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)

※2022年8月現在、外出を伴う積極的な
動物ボランティア活動は行っておりません。
※里親募集はありません。

~☆~ ★ ~☆~ ★ ~☆~

訃報です。
悲しいですが里親様の愛育に感謝し
追悼記を残します。

2022年8月27日 18時30分頃
猫のタンタンが老衰のためお星さまになりました。
(享年 17才)

タンタン1
(2013年 譲渡1年後 撮影)

最期の日もいつものように里親様が
仕事から帰って来るのを待っていてくれたそうです。
その後、あっという間に…逝ってしまったそうで
相思相愛の里親様と幸せに10年暮らし
最期まで深い愛情で看取っていただけました。

すっかり老いて、歯が全て抜けてしまって
食も細くなって痩せてきている状態という
お話しはお聞きしていたのですが
訃報に10年のあゆみが想い出され涙々でした。

10年間、朝早出勤の里親様を
寝坊しないように猫パンチで起こしてくれ
夕は玄関で仕事から帰ってくるのを必ず
待って出迎えてくれる可愛い相棒でした。

独居で社宅、重い糖尿病…で
早朝からのフルタイム出勤と数々
クリアせねばならない点はありましたが
兄弟会の人脈で繋がり支え合う体制を構築し
多くのマンパワーに助けられて10年以上を
愛情一杯に過ごしていただけました。
御無沙汰~
既に6才以上の飼育放棄された猫で
預かり宅を転々とし先住猫との折り合いが悪く
喧嘩に明け暮れた末、環境に慣れず脱走…
タンタン2
探して探してようやく戻って来たけれど
もう預かりは難しいと相談を受け
里親探しを始めると犬友から紹介があり
お見合いとなりました。
忘れもしない2012年8月5日、
お見合い後、そのまま譲渡となりました。

…あれから10年
 里親様、本当に大切に可愛がっていただき
 どうも有難うございました。
 ご近所様、同業者の皆様…
 長きにわたりお世話になりました。

亡くなった翌日の8月28日(日)には
ご近所さんからの花束が3つも届き
沢山のお花に囲まれて火葬されたそうです。

よかったね…タンタン
後半生は優しい人と穏やかで幸せな暮らしに
恵まれ、お互いに尽くし合った10年でしたね

ご近所さんの和の中で
緩く繋がった人脈の力が支え合って
優しさを持ち寄って
皆が出来る事を尽くして
一つの小さな命の物語を温かく見守り続けて
終生愛育が成し遂げられ
小さなボランティア活動ではありますが
アクションを起こしてよかったなと思いました。

~☆~ ★ ~☆~ ★ ~☆~

シロ5
シロ母さんの体調もイマイチ優れず
活気も食欲も低下傾向です。
動物病院の予約はいつも一杯…
9月9日に受診予定となりました。
その前に心臓病の定期薬が切れるので
受け取りに行きます。
シロ3
重症心臓病と診断されてから
11年間、毎日欠かさず内服して
苦悶感があるようですが
我慢強く日常を淡々と熟すシロ母さんです。

若い頃、放浪のノラ犬生活じゃなかったら
こんな重症フィラリア症や
一生涯続く後遺症に
苦しまなくてよかったでしょうから
保護されるまでの空白の時間が
悔やまれますよね…

それでも、こうして我が家に辿り着き
11年間もこの家で暮らしてくれて
愛おし過ぎる大切な家族になれました。

一日でも長く、シロちゃんとの暮らしが
続きますようにと日々祈っています。

勿論、犬・猫兄弟会の皆様の
幸せを日々祈っております。

それでは ごきげんよう













関連記事

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

11 : 03 : 57 | | page top↑
| ホーム |