fc2ブログ
第5回 公園清掃ボランティア
2023 / 07 / 10 ( Mon )
2023年7月9日(日)、第5回環境ボランティア(公園清掃)活動実施の様子を記します…

いかがお過ごしでしょうか?
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)
メイ2
熱中症警戒アラート発動中です!
進む温暖化… 
猛暑時は冷房室へ入れて下さい。
熱中症予防への十分な対策をお願い致します!!

☆放し飼い・脱走による
放浪が絶対にないよう
十分に気を付けて下さいね
条例
飼い主の配慮不足で命の危機を迎えないよう
暮々もお願いします。
~☆~✾~ ❁ ~☆~ ❁ ~✾~☆~

自治会の活動報告です。

第5回 環境ボランティア活動(公園清掃)が
2023年7月9日(日)に行われました。
公園1
進む温暖化の対応策としてG7でも緑地の有効性が
報じられていましたね。
公園緑地(広場)って、欠かせない場所だし
失ったらもう二度と取り戻せないんですよ…
なので、私達は動き始めています。
誰が使っているか…っていう事より
もっと大きな環境視点から緑地を考察した方がいいょ!
失ったらもう二度と、こんな風通しのよい緑の空間
戻ってこないんですから…
精神衛生上重要な公園緑地は今、
フレイル予防にも重要な役割を果たしている事が
わかり始めていますよね~
杉檜の山々の緑とか、茫々の草の緑とは
公園緑地は本来は違うものなのだと思います。
スマホもゲームも楽しいのだろうけど、
「集まれ みんなの広場」的な実動して
再生して行く試みも面白そうじゃないの~
公園7
暑い季節となり、あまり大々的に勧誘しても
熱中症リスクも高いので、ここは細々とした活動ですが…
公園3
前日、外周の半分程の草取りをしました。
公園5
当日は、実施時間だけ何故か晴れたんですょ♪
そして、会長&副会長も草刈り機で作業して下さり
出入り口もスッキリしました。
ここで一句♪ 会長も副会長も草を刈る
草刈りは夏の季語ですものね♪
公園4
お砂場はキレイですぞ♪
公園15
手作業での草取りチームは枝垂れ桜の下を
丁寧に進めています。
一進一退という感じではありますが
円周が少しづつ広がっているのわかりますか?
公園8
シロツメクサが白波のように騒めく公園…
それはそれで美しくもありますので折り合いをつけ
出来る範囲で環境改善を試みています。
公園2
今日は熱心に参加して下さっているご近所様から
お花の提供がありました。
公園18
カラフルな花壇が誕生しました♪
どうも有難うございます
公園10
そして…でました~
会長のアート刈り!
公園9
保育所の園外保育で
お花摘みを楽しみにしているとの事で
優しい配慮の刈込みですね~♪
公園17
終了時過ぎには雨が降って来ました。
公園2
皆さん お疲れ様でした。
今日も爽やかな笑顔で終えられました♪
協働の喜び、達成感、充実感…そして
今後の夢も膨らむボランティア活動です。

疲れてグッタリしちゃった、午後でしたが
あぁ…今日もやってヨカッタ♪♪♪

ご参加下さっている方が飼っている猫ちゃん…
耳カットのさくらねこ(地域猫)だったの。
思いがけない猫ちゃんの感動のドラマは
また別の回で記しますね♪
広がる兄弟会。
広がる草刈りの円周と友の輪。
いいねぇ~ 自治会。

楽しい活動にして行こうょ~
フレイル予防にピッタリなんだけどね~
この公園で過ごす時間は生涯の中でも
とても想い出深い楽しさが詰まった時間なのです。
愛犬やご近所さんとの憩い、交流の場…
私にとっては、ずっと愛する公園。
今、ボランティア活動が始まって、
これから地域再生の大きな輪を描いて行こうと
模索しているわけですから
利用者が少ないからと言って
封鎖、売却の道を今すぐ歩む必要はないと思います。
利用者は人類だけじゃないんだしね…
蛙1
(超大きいヒキガエルさんがいたょ♪)
というわけで、地域の会長職経験者の
重鎮の方々に、まず顧問会議で対応策の妙案がないか
考えてもらう事となりました。
蛙3
こんばんは 夜の公園 ヒキガエル

タダの借地契約で、借りたら自治会が自由にイベントしたり
花壇作ったりできるから、返って利用しやすくなります。
問題は、草刈りのマンパワーの確保です。
一人が10本抜けば100軒以上あるから1000本は
抜けるんです…
協働とか共感の経験って生きる上で大事だと思うんだけどね…
ヤダ、ヤダ言っている人が、どうしてそんなに
ボランティア清掃活動がイヤなのか?

よ~くその理由についても把握して行きたいし
色々な考えの人々がいるからアンケート集計も
して実際にどうなのか把握したい。

少数派の意見の中にも
スゴイ輝くものがあるかも知れないし…

でも今すぐに、この公園緑地(広場)を諦める必要もない。

公園緑地(広場)の利用は、自治会だけの問題なのか?
ウォーキングや自転車で立ち寄る人もいるし
地域外の人の利用もあるはず。
昔、地元の大地主さんが地域のためにと
寄付した土地に保育所が建ち、移転後は
公園として整備され、てっきり市の公園なのだと
思って過ごして来ました。
東屋も水道もトイレも固定遊具もベンチもあったから。
やがて、固定遊具が撤去されゲートボール場が出来、
中央には枝垂れ桜が植えられました。
ゲートボール人口が廃れ、子ども達も少なくなって
確かに過去の賑わいはありませんが
全く誰も立ち寄らないのかといえば
そうでもないのです。
近隣15の自治会があるけれど、公園緑地(広場)が
あるのは2つの自治会だけ。
ということは、緑地に憩う経験はなかなか得られず
当地にも足を運んで癒されている人がいるかも知れません。

自治会長の集まりである連合の組合長にも
相談した方がいいかも知れない。
市役所の他の部署は
こうした緑地利用をどう考えているのか?
担当した資産経営課だけが公園でないにしても
公園のように市民が憩って来た緑地の問題を
扱うのは、違和感がありました。
健康上の意義もあるし、精神衛生上の意義もある。
環境の意義もあるし、街づくりの意義もある。
皆が憩う緑地の再生の訴えを軽んじたり
支援を切る方向だけに話し合われるには
市民に寄り添うプロフェッショナルの仕事では
ないような気もしたんで、なるべく議論を広げて
多くの人に考えてもらえるようにして行きたい。

「助けて…」と支援を相談して、綱を切られるって
一番いけない対応のような気がする。
これじゃぁ、「一切 相談するな!頼るな!」って
「自分たちで何とかしろ」と言われたわけで
あらゆる社会資源を掘り起こして活路を見出し
寄り添おうとする姿勢がみられなかったのは残念。

「辛かったら、助けて。と言おう」の
呼びかけがある一方で
相談すれば、更に厳しい対応が取られる。
「うぜぇ~」って感じたんですかね?

坂本龍一さんが神宮外苑の緑地の保全を
訴えて話題となっている最中に、身近で起こった
小さな広場ではありますが緑地の軽視問題。

海外の映画などでは、印象的な公園のシーンが
結構登場します。

軽んじず広場を居心地のよい空間としていきたい…
それでも、地域の方々が、もういらないと言ったら
封鎖→売却。
う~ん、最近は皆、スマホばっかりみてるから
インドア派が多いんですかね~
公園問題なんて関心なさそうなので、
スマホ大好きな人にもこのページで伝えられたら
とあくまでも私個人の想いですが記しました。

それでは お疲れ様でした。
ごきげんよう


関連記事

テーマ:まちづくり - ジャンル:福祉・ボランティア

18 : 28 : 19 | 雑記 | page top↑
| ホーム |