fc2ブログ
夕暮れの光
2023 / 08 / 10 ( Thu )

こんばんは。
こちら臨時版として地域自治会の環境衛生係の
視点から綴っているブログです。
公園1
てっきり公園だと思っていたこの緑地。
実は公園でも広場でもなく市の空地を
住民がイイように使っていたんだそうで…
想い出1
かつては大人気の箱ブランコの音が
夕方遅くまで響いていたんですけどね…
我が家にも箱ブランコに乗る三世代の
笑顔の写真が飾られています。
公園2
立派な石碑と記念樹も植樹されているし…
公園17
今春から班の枠を越えて清掃する事になって
まず最初に参加者達が清掃し復活させようとしたのが
このお砂場でした。
公園9
敷地内に設置されているゴミ集積所の
裏側には烏が引っ張り出した袋やトレーなどの
破片が散らばりプラゴミ類が多く側溝に
入り込んでいました。
公園8
一つ一つ…ゴミを拾い、草取りをして
居心地のよい空間を目指し花を植えて…
外周1
伐採後、再び若葉萌える木々の生命力と
参加して下さるボランティアさんの熱意で
随分と通称「公園」っぽい景観を取り戻しつつあります。
外周3
お盆が近付いて来て、懐かしい想い出が
想起されます。
公園5
このサルスベリの木の下で両親を
撮影したその数日後、父はくも膜下出血で
倒れ亡くなりました。
想い出2
最期に撮影したあの夕もサルスベリの
花の絨毯がほのかに足元を照らしていました。
公園23
父の命日が近付く頃に、いつも積もる花…
この通称「公園」の木々にも家族の想い出が
深く刻まれています。
夕焼1
幻想的な夕暮れの光が山に射しかけ
外周の花の手入れをしていたのですが
思わず野球ごっこをして遊んでいた子ども達に
「お空がキレイね~」と声を掛けてしまいました。
「あぁ夕焼け?」と一瞬、子ども達も
空を見上げていました。
公園11
草取り作業のオバさんにとっては
子ども達の遊ぶ姿が何よりの励みになります。
公園12
現在、公園でも広場でもなく市の空き地…
なのだそうです。
ですが、親しみある場所なので今まで通り
通称「公園」で記させて頂いております。
公園20
ミリオンベルも連日の
厳しい猛暑の中でよく咲いています。
外周2
外周の「フラワーロード」も花々が咲き始め
0円花壇ながら、少しは華やいでいます。

※当分の間、本文に地域自治会の
環境の話題を綴る事にします。

~~ ☆☆ ~☆~ ☆☆ ~~

東京新聞 坂本龍一さんの手紙

今、私達の身近な問題でもあり同様の気持ちです。
緑地は一度失ったら二度と取り戻せない…
山間の小さな通称「公園」であっても、緑地保全は
地球的な観点から重要なのだと考えています。
伐採10
私がこうして「公園とか広場のような緑地の美しい憩いの場」を
懇願したところで、住民や市の考えを大きく動かして行く事は
できないでしょう。
それでも、何もしないよりは後悔なく
出来る事をして、緑地保全の心を発したい。
どんな小さな切っ掛けにもチャレンジの機が
あるかも知れないから、色々やってみています。

大切なのは、自治会がただ1回の一方的な
市からの提案を鵜呑みにして選択肢がこれしか
ないと思い込んでしまわない事だと思います。

その話に、対応に…違和感を覚えたなら
素直に「本当ですか?」と問うてみる。
昨日、2回目の話しをするチャンスが生まれました。
坂本龍一さんは死期せまる病床で手紙を書きました。
生きている私達は、まだ何度でも手紙が書き送れます。
緑地保全の願いを全力でぶつけるのみです。
公園6
今年度、この通称「公園」は自治会の担当班が
掃除しなくなり、広く地域から募って清掃活動を
することになり、その清掃活動の大きな部分を
環境衛生係が担ってやってきました。
SDGs.jpg
全ての人間活動を支えているのは自然です。
こうした小さな通称「公園」の話題が
緑地保全の大切さを今一度、考える切っ掛けと
なったら嬉しいです。
外周4
ご覧頂きまして有難うございました。

追記は、今まで通り「犬・猫兄弟会」のブログです。

いかがお過ごしでしょうか?
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)
シロ5
前庭神経障害が突然起こり、
平衡感覚がとりにくい状況となっている
シロ母さんにとっては、厳しい夏です。
シロ2
ほんの少し前まで、軽快に走れていたのに…
急に身動きが不自由になってしまい
シロちゃんらしい活発な動作ができなくなりました。
不食も続いており、生きる気力の低下が
進む一方という印象です。

それでは ごきげんよう




関連記事

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

23 : 55 : 38 | 雑記 | page top↑
| ホーム |