fc2ブログ
紅のロゼット
2024 / 01 / 01 ( Mon )

2024(令和6)年
明けまして おめでとうございます。

公園2
新年を迎えた朝、初日が山を照らす通称「公園」です。
快晴の青空に包まれ、強風の中も
野球をして遊ぶ人がいたり、
自転車で来た人がいたり、
散歩で立ち寄る人がいたり…
公園5
年末年始は帰省されている方々も多いのか
利用者が増え、子ども連れの賑やかな笑い声も
聞かれたりして、ちょっと嬉しい気持ちになりました。
公園4
せっかく、草取りしてキレイになっているので
ぜひ、地域内外の皆様に訪れてもらいたいです♪
シロ4

東京新聞 坂本龍一さんの手紙
今、私達の身近な問題でもあり同様の気持ちです。
枝垂桜2
緑地は一度失ったら、もう二度と戻らない…。
伐採10
そして、自治会が行ったアンケートの中でも
多くの人が〇を付けて下さっていた
大地震発生時の震災屋外避難場所としての利用
についても、今日の「令和六年能登半島大地震」で
やはり避難場所の確保の必要性が現実的に感じられ
この通称「公園」を地域防災の拠点として再整備して
日頃から手入れし健康作りなどに大いに地域で利用し
交流の場として楽しみ、災害時は助け合いの場にして
行きたいと思いました。
来光1
山深い山間の地、土砂崩れや孤立など考えられ
なかなか救助の応援が得られない場合もあり
地域内で協力し連携し助け合う訓練もここで重ねて、
いざという時に備えたいと思いました。
元旦4
新聞の一面も、夕方起きた大地震も…
年明け早々、厳しくなる自然・社会の環境に
どう生きて行くのか考えさせられました。
清掃18
当地でも震災時の避難場所について
関心が高まり、通称「公園」の再整備を推し進めたいと
考えて動き出していたので、
方向性間違っていなかったなと思いました。
公園6
繰り返す余震に屋内には入れない状況が続く…
そんな震災発生後しばらくをしのぐ一時避難と
そこに集う人々と始める救援・救護の活動の場所。
清掃デー
きっと、今夜は皆がリアルに…
そうした事態となった場合の事を考えられると思います。

日頃から手入れをして使い勝手のよい場所に
して、もしもの時に備えましょう。
集い共働する経験を持つ事で、地域交流も深まり
緊急時も連携よく協力して動けるようになるでしょう。
積み重ねる作業で育つご近所さんとの信頼関係が
命を救う活動にも繋がって行くと考えます。
単なる草取り作業じゃなくて、環境保全・地域美化は
街作りや防災にも役立つ有意義な活動。

だから、諦めず新たな年も地域の皆様に呼び掛けます。
地域環境ボランティアへのご参加を
心よりお待ちしております。

公園2
第1回   第2回  第3回  第4回

第5回   第6回  第7回  第8回

第9回  第10回  第11回  第12回

第13回  第14回  第15回

当地域内の環境活動の情報の共有が
少しでも広がればと願って綴っています。

参考に → 健康と公園

     → フレイル予防

世界の気候変動カルタで遊んでみよう!

~~ ✿ ✿ ✿ ~☆~ ✿ ✿ ✿ ~~

草15
通称「公園」内は短めに刈った枯草の間から
西洋タンポポなどのロゼット状態の雑草が観られます。
西洋タンポポなどの外来種の生命力は強く
真冬でも花が咲き続け種を飛ばし続けています。
草14
極寒の季節ならではの紅葉したロゼットを観察。
草12
西洋タンポポの赤いロゼット…
キレイだけど…あぁ草取りしたい感情に駆られるヮ
草13
これは茎が赤いですね…エゾギシギシかも?
ヨーロッパ原産の外来種か…
草21
アメリカフウロが手を振ってマス。
草10
外来種のアレチギシギシかな?
葉だけではギシギシの仲間は見分けが難しいです。
草18
ここ数年で勢力を爆発的に拡大させている
「ユウゲショウ(夕化粧)」のロゼットかと…
南北アメリカ原産で明治時代に鑑賞用として導入。
4弁の濃桃色の花が可愛らしく、
逸出しても見守られ除去されず増えてしまいがち。
多年生で春~初冬までと花期も長く全国に大増殖中。
当地でも増え過ぎの傾向あり除去しましょう。
草2
オオバコ科オオバコ属 オオバコ
在来種のオオバコとされている種は
近年の研究で西洋オオバコを母種とした
交雑種であるということがわかった。
西洋オオバコと在来種と言われて来たオオバコは
驚く程そっくりで葉で見分けられない。
根には違いがあり太くて短い「根茎」があるのが
西洋オオバコ。
在来種と言われるオオバコには
根茎はなく、細長い根だけが伸びる。
身近なオオバコ群の中には西洋オオバコと
オオバコが混在している事が多いようです。
食用・薬用に活用されている植物。
草25
アブラナ科 タネツケバナ属 
タネツケバナの仲間ですが、てっぺんの葉が
丸みがかって大きいものは
ミチタネツケバナという外来種のようです。
よくよく見ると、当地の多くが外来種化している?!
ミチタネツケバナはヨーロッパ、東アジア原産。
1970年頃渡来し急速に広がっている。
頂小葉は他の葉より大きく丸形で葉の縁が丸く
花期にも根生葉が残るのが特徴。
若葉は生食で辛味ありクレソンより美味なのだとか…。
茹でても美味しいそうですょ♪
もう今が摘んで食べる時季なんですょ~

タネツケバナは在来種もありますが、
種子の豆鉄砲がパチパチと飛び散り
除草時の心的ストレスが大きく
耕作地に侵入して群生し難駆除雑草。

当地には外来種が多くなっているようなので
早めに取ってしまいたい雑草の一つです。

…さらに、この冬らしからぬ生き生きとした植物、
草3
こちらも秋に発芽し越冬する越年草。
とにかく今、沢山生えてきてます!
草5
ヨーロッパ原産 ナデシコ科 ミミナグサ属
「オランダミミナグサ」です。
凍てつく冬にめっぽう強いんです!!
明治末期に渡来し今では大繁栄しています。
枝数も花数も花の大きさも在来種に勝り
埋土種子は18ヶ月間は発芽率90%程を維持する
生命力旺盛な雑草です。
白い5弁の花は可憐ではありますが…
草丈5cm未満でも開花・結実しますので
越冬期の今こそ、取り除きたい雑草の一つです。
草4
葉は黄色の開出毛が密生し黄緑がかって見えます。
在来種のミミナグサの葉は緑が濃く見えます。
在来種とされているミミナグサも
ヨーロッパの基本種から発生した地域変種で
史前帰化植物です。

それから、もう誰もが知っている外来種。
草22
オオバコ科 クワガタソウ属 
オオイヌノフグリ 
ヨーロッパ原産の越年生で明治時代に渡来し
日本全土に帰化。ほぼ通年開花し
凍てつく冬に若葉を茂らせる。
4弁の瑠璃色の花は可憐だけど増殖力あるから
ある程度は冬のうちに除草しておきたいゎ…
草6
前回、紹介したスズメノカタビラ。
ヨーロッパ原産 イネ科 イチゴツナギ属  
有史帰化植物 
…雑草の分類学は未だ混乱中なのだそうです。

すでに冬でも小穂が出ています!
刈り取られた地上部を放置しておくと
再生しちゃうから、置きっ放し要注意です。

どうです…?
通称「公園」で草の観察をしてみませんか?
そして、学んだら、草取りにチャレンジしてみましょう。

Local Action. Global Impact.

NPO気候危機対策ネットワーク

~✿~☆~✿☆✿~☆~✿~
※追記はこれまで通り「犬・猫兄弟会」の
 皆様に向けたブログです。

こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)

2024(令和六)年 
謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
長年の絆を保って、仲良く過ごして行きましょう♪
条例
☆放し飼い・脱走による
放浪が絶対にないよう
十分に気を付けて下さいね

気候変動で今までとは違う厳しい環境となりました。
冬の寒さから老犬の命を守る工夫をお願いします。

地球沸騰化、小氷河期などと言われている
「夏暑く、冬寒い」温度差が極端になりつつある
環境異変が進行中です。
従来とは違う思考・行動の変容が必要です。

もの言えぬ「家族」の辛さや想いを察し
居心地良い環境の提供に努めましょう。
勿論、愛犬にその事を伝え協力してもらえるよう
コミュニケーション術の研究も頑張って下さい。

~~ ✿ ✿ ✿ ~☆~ ✿ ✿ ✿ ~~

犬と人々との絆を描くアニメが放送中です。
お正月は再放送があります♪
詳しくはこちらへ → ドッグシグナル 

飼い主ができると思えば愛犬はできる!
愛犬とのコミュニケーション術も磨き続けましょう。

~☆~✿~ ☆✿☆ ~✿~☆~

皆様 明けまして おめでとうございます。
来光2
新年 初散歩も順調 順調 私は元気ょ♪
元旦2
寒い朝はピンクコーデでお出かけょ~
駆走1
走り込みをして前庭障害も感じさせないゎ~
駆走2
この筋肉美を維持するためにも走らなきゃね♪

~☆~✿~ ☆✿☆ ~✿~☆~

お正月です♪
お節料理って程でもないんですが…細やかに。
元旦3
お雑煮は薄味の九州風ですかね…
雑煮1
今年は地元のお酒「天覧山」でお祝いして
ほろ酔いでのんびり過ごしていたんです。
そうしたら、夕方の能登の大地震のニュースで
ビックリしました。

震災に遭われた方にお見舞い申し上げます。
津波情報も続いて寒さも厳しいようで…
突然の大惨事の様子に言葉が浮かばず心が痛いです。
救援・支援が早く行き届きますようお祈りしています。
シロ3

大震災・大水害など自然災害が頻発している昨今
想像力を高めて備える努力の必要性を感じた元旦でした。
夜になり被害状況もまだわかりませんが
被災された皆様の無事をただ ただ 
祈るしかできないのでお祈り致します。 
そして停電もしているようで、
津波避難の場所で過ごす方々の
寒さなども…とても心配です。

~☆~✿~ ☆✿☆ ~✿~☆~

お正月から波乱の幕開けとなった2024年。
今年もそれぞれ出来る事を頑張りましょう。
ごきげんよう
関連記事

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

23 : 49 : 58 | | page top↑
| ホーム |