fc2ブログ
第16回 環境ボランティア活動
2024 / 02 / 01 ( Thu )

こんにちは。
公園1
こちらは、地域自治会の環境衛生役員の視点から
地域内の環境の話題や美化活動、
率直な想いを綴っている臨時のコーナーです。

東京新聞 坂本龍一さんの手紙

私達の通称「公園」内は昨年、
桜をはじめとする木々が伐採されはしましたが…
伐採10
緑地は一度失ったら、もう二度と戻らない…。
今、私達の身近な問題でもあり同様の気持ちです。
枝垂桜2
きっと、令和六年の正月は皆がリアルに…
大地震で起こる事態を考えられた事と思います。
清掃デー
日頃から手入れをして、ここで交流するなど利用し
もしもの時にも使える状態にしておくため
荒廃を防ぐ清掃ボランティアを続けています。
清掃18
そして、新たな年も地域の皆様にも呼び掛け続けます。
清掃20
「市の空き地」であっても私達にとっては長らく
通称「公園」だったこの親しみある場所を
地域で手入れして利用価値を高めて行きましょう。

~~ ✿☆✿~☆✿ ~☆~ ✿☆~✿☆✿ ~~

~通称「公園」の荒廃を防ぐ美化活動~
地域自治会環境ボランティア活動のお知らせ

2月11日・18日(日)
午前10~11時で予定しています。

もしお天気がよく、お元気でご都合がよく
ムリなく参加できるようであれば、ぜひ!
通称「公園」の荒廃を防ぐ
地域環境ボランティアの清掃活動への
地域内外の皆様のご参加を
心よりお待ちしております♪

極寒の中も既に春の草が芽吹いており
植物観察会を少しづつ入れながら「草取り学」を
楽しみ、そして環境美化活動を推進して行きます。


《令和5年の活動報告はこちら↓》
公園2
第1回   第2回  第3回  第4回

第5回   第6回  第7回  第8回

第9回  第10回  第11回  第12回

第13回  第14回  第15回

当地域内の環境活動の情報の共有が
少しでも広がればと願って綴っています。

参考に → 健康と公園

     → フレイル予防

世界の気候変動カルタで遊んでみよう!

~~ ✿☆✿~☆✿ ~☆~ ✿☆~✿☆✿ ~~

第16回環境ボランティア活動実施報告
公園7
2024(令和6)年初となる16回目の清掃活動を
1月28日(日)に実施致しました。
第16回1
ご参加下さった皆様 どうも有難うございました。

第16回3
越冬する植物のロゼット状態の観察や
これから温かくなると一機に丈が伸びる雑草の一つ
ヒメジョオン(姫女苑)のロゼット探し↓
姫女苑1
ハルジオン(春紫苑)との違い↓
春紫苑1
今、この土地に多く観られる雑草の観察など
図鑑を参照しながらの学びもあり、
公園9
まるで地面に擬態しているかのような
紅葉色となっているロゼットを見付けたり
通年開花し続ける西洋タンポポの逞しさなど
冬季にもこんなに植物が観察できるのかと
感心しながらの草取り作業は、いつもと違って
楽しい一時間となりました。
清掃1
近年、大増殖の外来種である
ツルスズメノカタビラやアオスズメノカタビラは
こうして草取り後積み置きしておくと、
また根が出て来て枯れないのです。
清掃10
外来種なのか在来種なのかの見分けは
根が出て来て再生するかどうか…なので
こうして積み置きして実験をしました。
…やはり前回の清掃後に積み置きしたものが
枯れていなくて、外来種である事がわかりました。

また、夏季鮮やかなピンク色の四弁の花が
可愛らしいユウゲショウ(夕化粧)も
ついつい子ども達のお花摘みに残してあげよう…
夕化粧1
などと取らなかったら、猛烈に殖えまして
病気や害虫を呼びやすい植物でもあり
膨大に殖えたロゼットを減らす事にしました。

砂場は昨年の5月以降、定期的に手入れしていて
清掃13
草は生えていないので、万一の災害時、
炊き出しの竈がここに置ける状態です。
清掃3
この頃は、地域外の人々が子連れで
遊びに来ている日もあり、少しづつではありますが
寒い冬であっても利用者はいるようなので
この素晴らしい可能性を秘めた場所の手入れを
続けて行きたいと思っています。
公園3
刈草から生まれた草だるまの「茫々(ぼうぼう)」も嬉しそう♪
公園13
前日まで吹き荒れていた風も止み温かい日となり
皆、熱心に取り組み一時間半程の活動となりました。
お疲れ様でした~
第16回2
広がれ!広がれ…地域交流と清掃の輪!
地域内外の皆様のご参加をお待ちしています

公園6
大地震時の屋外一時避難場所などに使える場として
今年からは、地域でのこの緑地広場の保全活動と
活用(避難訓練など)が開始される予定です。
公園11
草花や昆虫達を育む生命溢れるこの通称「公園」は
万一の災害時には、避難など命を救う場所にも
成り得るという事で、手入れして集える場所へと
美化活動を進めて参りましょう。

※ 追記へ続く・・・
※引き続き、第16回環境ボランティア活動
通称「公園」の清掃(草取り)活動の話題で記します。
公園4
1月28日 午前10時~11時30分で実施後…
公園13
とてもキレイになりました♪
清掃6
多数の姫女苑のロゼットを根から抜きました。
今回、特に力を入れて草取りしたのは砂場周辺。
清掃4
少人数、手作業、小さな活動ではありますが
「継続は力なり」を実証する成果が
コツコツと表れて来ています♪
清掃5
春夏秋に丈高となる頑固な草のロゼットを
冬の間に取ってしまおうという作戦です。
清掃9
一見、枯野原のように荒涼とした感じなのですが
枯草に埋もれて着実に蔓延っているんですょ…
草取1
これはカラスノエンドウ(烏野豌豆)越年草
マメ科ソラマメ属 日本、ユーラシアの温暖帯に
分布する在来種のようです。
草取2
近年は、1月でこんなに緑々と茂っていますから
温暖化で分布は拡大していると考えられます。
草取3
マメ科は蔓性でフェンスや他の植物に絡み厄介。
沢山のさやが出来て増殖力があり根も以外と深い!
草取4
若芽は食用可で赤紫色の小花も可愛いのですが
そこまでで豆を生らせないようにしないと殖え過ぎてますから
ある程度は除草したいですね…

今冬、道路沿いや河川敷、広場など地域内のあちらこちらに
煙草の吸殻が捨てられています。
ポイ捨1
ヒメクグの上に煙草のポイ捨てがありました。
山野火災のリスクがあり怖いですね…
清掃2
オランダミミナグサの若葉の近くにも吸殻あり。
STOP!ポイ捨て!!

オオバコ1
立ち枯れのオオバコの穂がありました。
オオバコ(オオバコ科オオバコ属)は近年の研究で
在来種と言われて来た種もセイヨウオオバコ(外来種)を
母種とした雑種であることがわかりました。
若葉や種子は食用・薬用として活用され
鑑賞用として販売されたりもして
逸出・帰化を繰り返し、多年生でもあり交雑種も殖えて
しまっているそうです。
セイヨウオオバコとオオバコは一見そっくりですが
根の形に違いがあります。

太く短い根茎がある→セイヨウオオバコ
白く細い根ばかり → オオバコ

回を重ねる毎に少しづつ…雑草を覚え
段々と雑草の小宇宙にハマって行きそうです♪
花壇2
昨年の朝ドラ「らんまん」といい
今年の大河ドラマ「光る君へ」といい…
久し振りに「源氏物語」と「枕草子」を読んだら
草花にも関連深い描写が多くあったのだな~と
増々、身近な植物(雑草)のことを
知りたくなってしまいました…。
図書1
易しめなティーンズ向けの図書なら数日で読めちゃう♪
必要な情報がよくまとめられていて簡潔に得られました。

話が逸れましたが、若葉が緑鮮やかで目立つ
オランダミミナグサ(ナデシコ科 ミミナグサ属)。
雑草2
極寒の凍てつく冬に滅法強く、増殖力の強い
ヨーロッパ原産の外来種(越年草)です。
草取6
秋に発芽し越冬中なわけですが、育ちがイイんですょ…。
飛び散った埋土種子は少なくとも18ヶ月間は
発芽率90%程を維持するといわれています。
通称「公園」内は、殖えまくっているので
若葉は美しいのですが、鑑賞した後、小さいうちに
ある程度は取り除きたいですね。

オオイヌノフグリはヨーロッパ原産の越年草
(ゴマノハグサ科 クワガタソウ属)
英名Speed well(=勢いよく殖える)の通り増殖力抜群。
雑草1
温暖化が進み、ほぼ通年茂り開花・結実しています。
虫媒花ですが、虫が来なくても自分で受粉して結実します。
当地も1月時点で既に瑠璃色の小花が咲いています。
増殖力が強く、宿主とする病害虫が問題視されやすく
蔓延るので小さいうちに取るのが楽ですね…
根張りは然程でもないので草取りしましょう。
英語でCat’s eyeとも呼ばれ瑠璃色の可憐な花は
各地で帰化し親しまれています。

これはキツネアザミ(キク科 キツネアザミ属)のロゼット。
草3
史前帰化植物(古い時代に農耕に伴い渡来)。
越年草で花茎は丈高となります。
アザミの仲間ではありませんが紅紫色の頭花をつけ
種子は綿毛で広域に飛ばす厄介な草です。
ロゼット状態の今、葉の裏側は白っぽく見えます。
見つけ次第、取ってしまいたい雑草の一つです。

側溝沿いの隅の方に咲き立ち枯れ状態となっている
ヨメナかユウガギクか?と思われる植物は、
よくわからないので、そのままにしています。
(キク科 シオン属)多年草。
柚香菊1
ヨメナの仲間は染色体数では違いがありますが
見分けがつきにいし、今は、在来種と言われていますが
近年のDNA研究でルーツも疑わしくなっているそう…
今年は、よく観察したいので、新葉が出るのを待ちます。


最後に、雪の結晶のような形のロゼットは…
誰もが知っている「ペンペン草」です。
ナズナ1
ナズナ(アブラナ科 ナズナ属)越年草。
根生葉は羽状に切れ込み裂片は尖っていて
ロゼット状態時、春の七草として古来より菜摘され美味。
根も牛蒡のような香りで美味なのだとか。
花茎が伸び、白い小花咲き、果実は三味線のバチのような
三角形をしていて、正三角形が在来種。
二等辺三角形はヨーロッパ原産のホソミナズナ。
ホソミナズナは欧米やアジア圏で種が大量に販売され
耕作されて来た歴史があり、
ヨーロッパではハーブの一種とされている。
1994年に北海道で発見されて以来、
全国各地で見付かり、既に各地で帰化し交雑し
新たなナズナが増殖中…。
(ホソミナズナは雑種や変異が多い)

日本古来よりの在来種のナズナを見分けるには、
種子が正三角形かどうかを注意深く観察する必要あり。

ヨーロッパでハーブとして大量に栽培・活用され、
日本各地にも帰化しているホソミナズナも
在来種のナズナも効能はほぼ同じ。

葉と根は食用とし、冬季に不足しがちな
ミネラル類、ビタミン類、リノレン酸、
ω3脂肪酸などの補給に使われ
感染症に対する抵抗力の維持に役立った。

薬用には全草を用い、
止血・消炎・抗菌・鎮痛作用のある傷薬、
腸蠕動を刺激する胃腸薬、
糖尿病や癌を改善する目的でも使用されて来た…

根は香、味、歯ごたえがゴボウのようで
出汁もとれるのだとか。

そんな重宝されてきたナズナ達も今では
畑で耕作されなくなり、野草というより
雑草扱いとなり草毟りされているのが不思議。
「春の七草」だけど、野摘みして粥に入れて食べてる人は
どのくらいいるのだろうか?
そして、温暖化で通年開花していて、ロゼット状態を
探しにくいですよね…

清掃15
塀沿いのベンチの足元にはウラジロチチコグサが
群生していたのですが、だいぶ減って来ました。
ボランティア清掃活動 大感謝です!!

花壇1
昨年、地域の方がここに植えて下さった
ミリオンベルが凍える寒さに耐え越冬中です。
2月を乗り越えれば、今春も開花するかな…

どんな事も、理想を想い描いて強く願わなければ
その事を成す可能性も上がってこないよね~♪

…運気は願う事から、願い続けて諦めない事で
呼び寄せて行くのだと半世紀以上生きて思ったょ。

願ったような結果とならなくても、何らか…頑張ったら
人生の経験値は絶対に上がって豊かになる♪
公園5
さぁ、令和6年も・・・
自己肯定感アゲアゲで楽しく取り組んで行きましょう。

第16回の活動 お疲れ様でした。

~☆✿☆~ ☆✿~☆~✿☆ ~☆✿☆~

※ここからは、これまで通り「犬・猫兄弟会」の
 皆様に向けたブログです。

こんばんは。 
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
こちら犬・猫兄弟会のブログでもあります。
どうぶつ基金バナー200x40 (2)

犬と人々との絆を描くアニメが放送中です。
詳しくはこちらへ → ドッグシグナル 

この冬、最も寒い冬将軍がやって来ます!!
外気の低温対策は勿論必要ですが
室内と外との温度差によるヒートショックにも
注意が必要です。
犬も飼い主も年月を経ましたので…
気温の変化などにお気を付け下さいませ。

~☆✿☆~ ☆✿~☆~✿☆ ~☆✿☆~

条例
☆放し飼い・脱走による
放浪が絶対にないよう
十分に気を付けて下さいね

~☆✿☆~ ☆✿~☆~✿☆ ~☆✿☆~

今年初のボランティア清掃が終わってすぐ
通称「公園」へ遊びに行ったシロ母さん♪
シロ6
いっぱいあった姫女苑のロゼットも少なくなり
足取りも軽やかに爽快に闊歩しクンクンして楽しそう~
シロ7
泥土で靴底も犬の足裏も汚れるんだけど
近頃はとてもお気に入りで、散歩時には
立ち寄りたがるようになりました。
シロ9
愛犬にとっても居心地良い場所となった
のだと思います。

ボランティアさん シロちゃんも喜んでいます!
キレイにして下さりどうも有難うございました

雑記のコーナーは朝食だぞっ♪
朝食1
朝食…ちゃんと食べてますか?

それでは この辺で。
ごきげんよう
関連記事

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

02 : 32 : 25 | 雑記 | page top↑
| ホーム |