フィラリア根治治療
2012 / 02 / 17 ( Fri )
シロちゃんのフィラリア治療の注射の日でした・・・

1月16日 シロちゃんのヒ素系薬物の注射4本目が終わりました。

シロちゃんの体重は12kg代に戻っていて、この日は粘膜が白っぽいとのことで

急遽、血液検査を行いました。

前回の血液検査で貧血状態・低栄養状態であったこともあり

餌を高カロリーなものにしていたので、見た目には少し太ったような印象でしたが

なかなか体重が増えず、血液の状態も改善されません・・・

それでも、貧血状態は軽くて、ヒ素系の注射は予定通りできることになりました。

今回は痛み止め注射を打って10分後にヒ素系注射をしたので

打った直後の急激な痙攣や痛みによる反応は抑えられました。

数分後からは、かなり痛みがきて、這いつくばりながらジタバタして

ヒーヒー鳴きながらもがいていましたが、そのまま帰宅し休ませました。


前回同様、4時間程は足が麻痺していて歩けず、這っていたけれど

5時間後にはなんとか歩けるようになりました。

憂鬱


明日もまた、同じ注射をします。5本目の注射です。

今日の検査では「ミクロフィラリア」は検出されていますが

親虫の方はグレーソーンということでした。

親虫にとどめをさす命がけの治療です。

その後、服薬にて子虫の駆除を目指します。


シロちゃんのフィラリア治療を急いでいるのは、シロちゃんは子宮内感染症もあって

炎症症状が出ているのを薬で抑えているからです。

フィラリアにより麻酔時、心臓や肺動脈に糸虫がつまったり、死骸が血栓となって塞栓する

危険性が高いため、子宮摘出術が受けられない状態です。

すでに8月以降ずっと抗炎症薬、抗菌薬を飲み続けているため、白血球減少が起こり

免疫力が低下してしまって日和見感染が起きています。

シロちゃんの全身状態は、あまりよくないんです・・・




この治療は、ハイリスクを伴い苦痛も強く、急変と隣り合わせです。

シロちゃんは、痛みに耐えて頑張っています!!


ハッピーはご近所のS様宅で過ごしました。

抱えて眠る


ジョディちゃんは、無事手術を終え、翌日には退院しました。

その翌日には、お散歩を開始し普通に歩いていました。

乳腺腫瘍2か所と、顎にあった腫瘍を摘出し、卵巣と子宮の摘出術も施行しました。

術創はとてもきれいで、痛みもあまりない様子で元気だということです。

ご心配して下さった皆様に感謝しています。



このところ、野生のタヌキが横行していて、狸が疥癬を患っているとのことで

外飼いの猫がその疥癬を媒介している可能性があり

猫と一緒に暮らしているクーちゃんは、疥癬のリスクが考えられるため

易感染のシロちゃんとの接触は極力避けています・・・

娘8ヵ月


外飼いの猫は病気を媒介する・・・だから猫も外飼いはしない方がよいのですね・・・

疥癬は人畜共通感染なので、要注意ですよね~


・・・雪が降っているようだけど、明朝(もう今日になってる)大丈夫かな~




関連記事

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

00 : 23 : 19 | | コメント(8) | page top↑
<<フィラリア親虫退治 | ホーム | ジョディちゃん入院>>
コメント
--応援有難うございます☆--

ぺえたさん 有難うございます。

シロちゃんの病状がこんなに重症化していたとは…
心疾患ということで、長生きできるかわかりませんが出来る限りの治療をして、楽しい日々が重ねられるようにしたいと思っています。
シロちゃんは「持って来て」や「伏せ」なども教えなくてもできるんですよ~♪
とにかく性格が穏やかでけなげなよい子なので、頑張って欲しいです。
クーちゃんは15kg程です。福来ちゃんやコロ介くんはもっと大きいんですよ。
by: チル * 2012/02/19 15:15 * URL [ 編集] | page top↑
--応援有難うございます☆--

けんPさん いつも有難うございます。

なんとか痛みも治まって、気分は回復しました♪
我慢強いシロちゃんがこんなに痛がるのですから
相当な激痛なのでしょう…痙攣・麻痺が出るくらいですから…
これで5本も注射したので、もうこの苦しい治療は無いと思います。
賢ちゃんへのバレンタインのラブコールに感動して涙が出ちゃった…
私達も、同じ思いです♪


by: チル * 2012/02/19 15:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

動画を拝見しましたよ。
ヒ素系注射ってこんなに痛いんですね(涙)
シロちゃんも辛いだろうけど、側で見てるチルさんも辛いですよね。
どうかこれでフィラリアがいなくなりますように。

それにしても、クーちゃんでっかくなりましたねぇ(゜o゜)
by: ぺえた * 2012/02/18 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

シロちゃんの辛そうな声を聞くと
胸が苦しくなります。
傍で見てるチルさん、ハッちゃん達は、
もっともっと更に辛いし、
辛い選択をしてると思います。

ホント、シロちゃん、何も悪くないのに
辛いね。痛いね。
けど、皆、シロちゃんに元気なって欲しい
愛情でいっぱいなんだよ。。。
ハッちゃん、傍に付いて元気付けてね。

シロちゃん、必ず治ると信じて、
病気と治療に負けないでね!!

by: けんP * 2012/02/18 19:45 * URL [ 編集] | page top↑
--応援有難うございます☆--

コロリ達の母さん 有難うございます♪

やはり放浪犬は色々と厳しい環境におかれているんだなぁと実感します。
シロちゃんは、とにかく受入れ型でけなげな子なので、診察台に乗っても大人しいです。
獣医さんにもいつもほめられてます。
けなげなシロちゃんをみていると、なんとか治療してやりたいという気持ちになってしまうんですよね~
嫌がっていたらここまで治療しなかったかも知れないです。
シロちゃんはスッゴク可愛い子でして…とにかくけなげな真っ直ぐな子なので、少しでも長く一緒に居られるようにしてあげたいという思いですv-238
by: チル * 2012/02/18 14:29 * URL [ 編集] | page top↑
--応援有難うございます☆--

万見仙千代さん いつも応援有難うございます。
まだ若いシロちゃんが短命に終わらないようこちらも必死ですっ!
私達も今まで、フィラリアがこんなに大変な疾患だということを知りませんでした。
子犬ちゃん達には、しっかり予防して罹患させないように働きかけていきたいと思います。
by: チル * 2012/02/18 14:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

シロちゃん 頑張れ!!
野良犬、外犬の過酷さに、胸がつぶれる思いです。
フィラリアって本当に恐ろしい病気ですね。
どうか元気なシロちゃんになってくれますように。
by: 万見仙千代 * 2012/02/17 23:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

シロちゃん辛い治療に耐えてるんやね
フィラリアと子宮内感染症の
Wパンチなんて・・・・・
おとなしいシロちゃんやからこそ
余計に心が痛みます
チルさんの気丈な文章を読みながら
なんとか頑張ってほしいと切に願います

事故やケンカお外は危険が一杯やから
猫もお家で飼うのが一番安心です
野生の狸は・・・・しょうがないけど(汗)
by: コロリ達の母 * 2012/02/17 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |