FC2ブログ
サビちゃんの里親募集は中止
2012 / 08 / 27 ( Mon )
里親探しをしていた仔猫のサビちゃんは重症のため里親募集は中止となりました。

仔猫の里親募集は中止となりました。


6月下旬より里親探しを行っていました仔猫のサビちゃん(仮名)は

猫バルボウイルス感染症にかかり、白血球激減(300)となってしまいました。

サビちゃんの予後は厳しい為、里親募集は中止致しました。


新たなご縁を探すための集団お見合い会に参加して伝染してしまったと考えられます。


ジョディーちゃんママさんはご高齢のため

終生飼育に責任が持てないと仔猫を飼うことには躊躇していたのですが、

お見合いで感染という思いがけない事態となり、大変なショックを受けております…



感染症を患った子をもらってくれる人はいないでしょう…ということで、

サビちゃんは、ジョディちゃんママさんの正式な飼い猫とすることになりました。


サビちゃんは白血球減少しており、極めて厳しい状況となっています。


入院予定が今日までで、治療が対症療法しかないということで

治療が破綻してしまえば看取りのための帰宅となります。


帰宅した場合にも高齢猫のおかあちゃんとシマちゃんという2匹の飼い猫に感染リスクが

あり、飼い猫たちが無事なのか検査しワクチンをしなくてはなりません。



一生懸命に救助し育ててきたジョディーちゃんママとクーちゃんママさん

私達の活動は報われないのかも知れませんが、今生きているサビちゃんの為にできることを

まずは頑張って行きましょう。


飯能地域ネコの会のボランティアさん、お世話になりました。

ポスター掲示にご協力頂きました皆様、本当にお世話になりました。

原市場福祉センターをはじめとする様々な場所にポスターを掲示させて頂き

今季6匹の仔猫の譲渡が実現できました。


先のシロJrくんのポスター掲示では、エコス原市場店の店長様にもご協力を頂きました。


動物愛護の活動を一生懸命にやって、恥ずかしいことなんてないんです。

むしろ、ヒトだけが助けてあげられる命なのですから

一人でも多くのヒトが殺処分されるであろう尊い命を救って頂きたいです。

それが「思いやりの心」であったり「愛情」であったり、「心のゆとり」を育むことになり

飼い主となったヒトにも成長をもたらし、豊かさの一片をもたらすものと感じています。


保護の子を引き取る・・・放浪していた動物はいつも死と隣り合わせで命を繋いでいます。

今回のように感染症や、病気などの発症もあり、里親さんは経済的負担もあります。



それでも、あなたのところに、そして私のところに運命に導かれてやってきてくれた「命」は、

懸命に生きて、きっと沢山の癒しと感動と思い出を残し、飼い主に人間的な成長をもたらして

くれるのです。

殺伐とした時代の中で、飼い主同士の温かい出会いや絆も生まれます。


今回、残念ながらサビちゃんの里親募集は中止となりましたが

犬・猫の里親募集は数えきれない程沢山あります。


ペットショップで購入する前に

里親募集の情報もチェックして検討して頂きたいと思います。


このところずっと、里親募集記事ばかりだったのですが

ご心配頂きメッセージを下さった皆様、このブログをご覧下さった皆様…

本当に有難うございました。

子猫4
関連記事

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

11 : 24 : 10 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シロちゃん退院 | ホーム | 猫パルボ感染>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/650-93156c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |