サビちゃん さよなら
2012 / 08 / 28 ( Tue )
今朝亡くなったサビちゃんを夕方、埋葬しました。

夕方…薄幸だったサビちゃんの埋葬を、飼い主として心を込めて温かいものに…という思いで

サビちゃんのためにしてあげる最後のお別れの穴掘りをしていました。

穴


そこへ、福来ママさんが可愛い花束を届けて下さいました。

花束

こうした細やかな思いがすっごく嬉しかったりします…♪

有難う


5時ちょっと前にサビちゃんの亡骸も到着し、ジョディーちゃんママさんとクーちゃんママさん

と一緒に小さなサビちゃんの亡骸を埋葬しました。

頂いた花束はサビちゃんに抱かせて上下にも夏の花で包んであげました。

サビちゃんは手でお顔を覆って泣いているような姿で、身体は痩せてぺったんこでした。



小さな仔猫。可愛い盛りの仔猫だったサビちゃん…

本当にやるせない気持ちになりながらのお別れでした。

墓

最後にクーちゃんママさんがお花をいっぱい飾って下さいました。


本日頂いた、ジョディーちゃんママさんへのメッセージは印刷して

ママさんにお渡ししました。


ジョディーちゃんママさんは、胸にギュッと抱きしめて帰って行きました…



あの日…偶然にも出会ってしまった私達…

子猫13

高齢のママさんにとって、もう仔猫を飼う機会なんてないと思ってたのに…

サビ1

2ヶ月の間にこんなにも愛おしい存在になっていました。

だからジョディーちゃんママさん、今日はとっても悲しそうでした…

さようなら サビちゃん 生まれて来てくれて本当に有難う。


★★★姉妹猫の三毛猫ちゃんの飼い主様、ワクチン接種をお願いしますね。




★★★~☆☆☆~☆~★~★☆~☆☆☆~★~★★~☆~☆☆★~☆★~★☆★~★~☆☆☆


術後2日目のシロ母さんの術創は…こんな感じです。

術創

生々しく痛々しい開腹術創でございますな…

針を刺した穴からも出血が著しく、最小限の縫い目で閉じられたそうなので

縫い目が粗いんですょ… なので術後合併症を起こさないように要注意の生活です。


エリザベス

今日は大人しく過ごしてくれたので、撮影時のみのカラー装着となりました。

夜間はどうしようかな~…この2日間は添寝したのですが…
関連記事

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

21 : 44 : 10 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<仔猫里親大募集中(京都) | ホーム | 悲しみの朝>>
コメント
----

こういう記事を見ると、どうしても涙が出てきてしまいます。
最期は優しい皆さんに見守られて、無事にお空に行ったんですね。

シロちゃんのこれからも、どうか何事もなく良好でありますように。
by: 万見仙千代 * 2012/08/29 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

サビちゃん、お星様になってしまったんですね。
ジョディちゃんのママさんが落ち込んでるんじゃないかと心配です。

短い猫生だったけど、こんなふうに亡くなったことを悼んでくれる優しい人たちに出会えたことは、救いになったんじゃないかと思います。
サビちゃん、どうぞ安らかに・・・・。

シロちゃんのお腹、痛々しいですねi-230
傷口舐めたりしないでね、シロちゃん。
by: ぺえた * 2012/08/28 23:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/654-3e4d4c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |