FC2ブログ
仔猫里親募集中(京都)
2012 / 08 / 30 ( Thu )
近畿地方で可愛い母子猫の里親大募集中⇒ここをクリックしてね。



★★★~☆~☆☆☆~★★★



先程、ジョディーちゃんママよりショッキングな連絡がありました。


サビちゃん死去後、飼い猫2匹に混合ワクチンを接種したのですが、時すでに遅く…

昨日よりシマちゃんも食欲不振と嘔吐症状が出て、今日の検査で白血球100となっていたそうです。

シマ


もう手の施しようがないそうで、γグロブリンとインターフェロンを打って

水分補給の点滴して帰宅しました。


夕方にもう一匹のおかぁちゃんの検査とインターフェロン治療を行うことになったそうです。

おかぁちゃん (2)

これは大変なことになりました!悲劇の連鎖です…

仮母猫

おかぁちゃんは、仔猫達を我が子のように育てていましたので、接触が多く高齢でもあります。

猫パルボウイルス(白血球減少症)恐るべし…


兄弟姉妹の今後の安否も気がかりです。


特に、三毛猫ちゃん早めに受診と血液検査、ワクチン接種を済ませて下さいね。


シマちゃんにまで感染の被害が出てしまい残念です…



今回の4匹の仔猫の保護は、私も忙しい実習期間中だったので、

里親募集の呼び掛けをしていただけで、捕獲や保護活動に関してはジョディーちゃんママさんと、

ボランティアさんが急に決めて行ったことだったんです。


すでに、近所の茶トラ猫が産んだ3匹が譲渡され、

もうこれ以上は関われないな…というタイミングでした。



ジョディーちゃんママさんはご高齢ですから、その後の里親募集が進まないのではということで、

ブログとポスターで里親を探しを手伝っていたのですが、飼い猫にまで被害が出てしまい

何とも皮肉な結果となってしまいました。残念です…



保護犬・保護猫は、自分のペットと一緒にしない方が良いのかも知れません。

我が家も最初は徹底して隔離し、治療が済むまで別室でゲージに入れて過ごしていました。



実は猫のゲージに入れてはというご提案もしていたのですが、

サビちゃん達仔猫は、室内全体を自由にしていたのでシマちゃんにも感染が拡大してしまったの

ではないかと思われます。


それにしても…サビちゃんはどこから猫パルボウイルスをもらってしまったのでしょうね…?


症状が出ていないおかあちゃんの予防に連日、インターフェロンをうつことになったそうです。


シマちゃんは14歳、おかあちゃんは16歳…猫にとっては高齢の域に入るのかなぁ…



近所のジャックくんパパさん宅の庭先でも野良猫の産んだ仔猫を見つけたそうで保護中です。


こちらもシロちゃん術後でして、なかなか動けず…

とりあえず、9月1日にシロJrくんお迎えに行って来ます。

シロJr君の飼い主さん、迎え入れの準備は進んでいますかね~?




関連記事

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

15 : 12 : 42 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<可愛い仔猫里親募集中(飯能市) | ホーム | 仔猫里親大募集中(京都)>>
コメント
----

私も保護した子達は
検査が済むまで
隔離しました
病院でも飼い猫に触る時は必ず
手を洗い消毒するように言われました
それにしても
強い感染力なんですね
ジョディちゃんのママさんの
お気持ちを思うと・・・・・
言葉が見つかりません
どうかお疲れがでませんように

里親募集の件では
大変お世話になりました
どうやら子猫4匹はお家が決まりそうです
やさしい里親様なので
安心できそうです
ほんとうにありがとうございましたm(__)m
by: コロリ達の母 * 2012/08/31 23:58 * URL [ 編集] | page top↑
--コメント有難うございます!!--

ぺえたさんへ
感染症の脅威にさらされ対応に追われていますが、明日はお迎えに参りますのでどうぞ宜しくお願いします。
シロJrくんが使っているお気に入りのタオルなどありましたら持たせて下さい♪


万見仙千代さんへ
ジョディーちゃんママさんの善意が思いがけないことになり残念ですが、保護の認識が甘かったのかも知れないです。
偶然にも同じ病院に猫パルボで5匹死んで更に2匹入院させている方も来ているそうで、受診の際の院内感染リスクもなかったとは言えないです。
今日は私も付き添っておかあちゃんのインターフェロンに行ってきたのですが、便検査の結果は猫パルボ陰性でした。
潜伏期間は2~10日、ワクチン効果が得られるのは2週間後…
おかあちゃんは唯一症状が出ていないので予防のインターフェロンを4本ワンクール打つそうです。

ヨッシーさんへ
レオくんにワクチン接種してくださったのですね。有難うございます!!
3兄弟は皆元気なのだそうです♪


ヒマさんへ
猫の病気は種類も多く、猫は感染症を媒介しやすいという話はよく耳にしていました。
感染症対策は十分に考慮する必要がありました。
現在もシマちゃんとおかあちゃんは一緒の部屋で過ごしている状態なので、完全に別室へ移動するよう促してみます。

by: チル * 2012/08/31 23:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

悲劇の連鎖・・・悲しいです。
ボランティアさんも関わっているということですし、それなりの知識もあったでしょうに。
なぜにこんなことに(T_T)
感染エリアの消毒などちゃんとできてるでしょうか。
猫は白血病やエイズなど犬以上に感染する病気が巷で蔓延してるから、保護には気をつかいますよね。
どうかどうか元からいる猫ちゃんたち無事に快復しますように。。
by: ヒマ * 2012/08/31 15:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

本当に猫パルボウィルスは怖いものなのですね。正直言って、サビちゃんの件があるまではその怖さをあまり分かっていませんでした。シマちゃん、おかぁちゃんが心配です。

サビちゃんの兄弟猫レオは昨日獣医さんに行ってきました。結果はウィルス陰性で第一回目のワクチン接種を行いました。一ヵ月後に第二回目の接種を行う予定です。

サビちゃんの事があったからこそ、私達家族も早めに動くことができ、結果としてレオの命が守られたのだと思います。サビちゃん、お別れは悲しいけれど、ありがとう。レオを大切に育てていきます。
by: ヨッシー * 2012/08/31 13:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

パルボウィルスって本当に恐ろしいんですね。
せっかく保護されたのに、こんな事になるなんて。
おかぁちゃん、シマちゃん、どうか無事でありますように。
確かに保護した子は、家の子と一緒にしない方が良いのかも・・・
by: 万見仙千代 * 2012/08/31 09:05 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんなことが・・・・とてもショックです。
ジョディちゃんママさんも、すごくショックを受けてるでしょうね。
サビちゃんを看取ったすぐあとなのに、シマちゃんまでパルボになってしまうなんて。
おかぁちゃんは大丈夫なんだろうか。
感染してないといいんだけど。

せっかく善意でしてきたことなのに、こんな皮肉な結果になるなんて、悔しい気持ちになりましたよ!
by: ぺえた * 2012/08/30 23:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/656-8b4d1323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |