FC2ブログ
こげ茶色のミニチュアダックスを保護しています
2012 / 09 / 17 ( Mon )
H24年9月13日朝、飯能市上畑~青梅市成木1丁目信号付近を放浪していた首輪なしのMダックスを保護しました。
保護してくださったのは、バイリーママさんです。

保護時、一度は咬まれたそうなのですが、抱き寄せると緊張はほぐれ甘えてきたそうです。

15.jpg

11_20120913222714.jpg

12.jpg



バイリーくん生後6ヵ月過ぎの仔犬(大きいけれど仔犬なんですよね~)なので、感染防止のため

マラセチア感染・細菌性皮膚炎が酷い最初の預かりは、我が家で行うことにしました。

13.jpg


このマラセチア菌は、常在細菌(真菌)ということで、免疫力の低下が懸念されます。

感染予防


マラセブシャンプーで洗って、皮膚がボロボロと剥がれ落ちて

いくらかキレイになったような気がします…


このMダックスくんは、「ミニちゃん(仮名)」と呼んで声掛けしていますが

大変な甘えん坊さんで、感情表現も豊かで可愛いんですょ~♪

今は、隔離してゲージに入れているので、あまり遊んであげられないのですが

実はすっごく触れ合いが大好きでスキンシップを求めてきます♪

まだまだよく遊ぶ活発な犬のようです♪

シャンプー時も実に洗われることに慣れていて、飼い主さんが繰り返し洗って

皮膚のケアをしてきたことが窺えます。

そして、抱っこやスキンシップもよくしてもらっていたようで、可愛がられてきたことが

感じられます。

食後や寝る前は、特にハイテンションで「遊んで~遊んで~」とピョンピョン飛び跳ねて

構ってあげないと吠え続けます…


最初は、顔を見ていないと不安で吠えまくっていましたが、

食後や就寝前の気分の高揚時に、スキンシップをとりながら子守唄を歌ってあげたら

沈静化して穏やかな眠りに入っていきました♪


保育所でお昼寝の時にトントンしてあげると小児が寝付くように

ワンコもスキンシップでの受け止めが、心の安定には欠かせないのですね♪


ミニちゃん(仮名)も今は、環境が変動して落ち着かず、不安に陥っていた様子ですが

隔離生活を受け入れつつ頑張って痒みに耐えてくれています。


後は…夜鳴きさえ克服できれば、生活習慣的には問題ないかなぁ~…♪

8.jpg


準備



このMダックスに関する情報は、飯能警察署(042-972-0110)へご連絡下さい。


只今、ほっかむり隊の表紙を飾らせて頂いております♪

ハッピーの穏やかな犬柄が滲み出たほっか姿♪ よかったら見て笑って下さいまし~♪
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

02 : 29 : 24 | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<放浪のミニチュアダックス保護中 | ホーム | 生後半年>>
コメント
----

ミニちゃんは飼い主さんにかわいがられてる子だったようですね。
ちょっとホッとしました(´▽`)
もしかして、悪徳ブリーダーが捨てたんじゃないかと思ったりもしてたので。

マラセチアのこと、よく知らなかったので勉強になりました。
ミニちゃん、早くカユカユが治るといいね(^^)

ほっか写真、見てきましたよ♪
ほんとに犬柄がにじみ出てる写真ですね。
シロちゃんとハッちゃんは、表紙の常連さんですね。
by: ぺえた * 2012/09/17 23:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/678-b76fdc10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |