FC2ブログ
増やさないのも愛
2012 / 09 / 23 ( Sun )
青梅市成木1丁目信号付近を放浪していたMダックスを保護しています。
☆☆ 迷い犬 保護 ☆☆

H24.9.13朝、飯能市上畑~青梅市成木一丁目信号付近を首輪なしで放浪していたオスの

Mダックス(チョコ&タン)を保護しています。(関連記事は9月13日~掲載)


保護から10日経っていますが未だ飼い主さんが見つかりません。

細菌性皮膚炎・マラセチア感染症で頸・胸・耳・顔・腹・脚のあたりの毛が剥げています。

ゲージ内での生活に慣れていて、トイレトレーニングも出来ているようです。

「おすわり」「お手」ができます。

陽気で甘えん坊の推定4~5歳のオス(未去勢)でアイコンタクトもしっかりとれます。


現在、お預かりしながら服薬・点耳薬・マラセブシャンプーでの感染症の治療を行っています。


この犬のお問い合わせは、0242-972-0110(飯能警察署)へお願いします。



☆☆☆ 増やさないのも愛 ☆☆☆


クーちゃんママさんから、「増やさないのも愛」という環境省の冊子を頂きました。

東京都小平市では動物福祉についての勉強会が開かれているそうです。


こうした内容が啓蒙できるよう飯能市の環境課でも、もう少し関心を持って積極的に

街猫対策や動物愛護に関して、活動をしていってもらえないのだろうかとのことでした。



まだまだ譲渡後の去勢・避妊手術のご理解を得るのは大変だったりします…

確かに…何で?という想いや可哀相という気持ち、飼い主さんの出費もあるし…

でも万一の放浪で望まれない命が誕生したら…


実際に毎年沢山のそうした仔犬・仔猫が持ち込まれ殺処分されている現状があるということも

知って頂き、繁殖はしないわけですから去勢・避妊手術をして次代の悲劇を産まないよう

ご理解頂きたいと思っています。


本当は自然淘汰された素晴らしい雑種犬達の美しさ・能力…次代を絶っていくのは残念ですけど…

母子

「花は咲く」を聴きながら描きました… 今、福島でも次世代の野生化した犬・猫が問題に…




シロちゃんの一生は駆け足… 


短いであろうシロちゃんの生涯の中で、出産&育児は大変な身体への負担ではあったけれど

母になって、なんとも幸せな表情で仔犬達との生活を送っていたのが印象的でした。




そんなシロ母さんも8月25日に子宮・卵巣摘出手術を終えました。

保護後、1年以上もかかってやっと手術ができる状態となりましたが、術中に大量出血があり

緊急連絡が入った程でヒヤリとしました。

術後も腹水が溜まってしまい腹腔穿刺して抜きましたが、今はもう大丈夫です。


これから慢性心不全の悪化に伴い、胸水・腹水・全身浮腫などの水分出納バランスが

崩れてくることが考えられますが、できるだけ自由に楽しく過ごさせてあげたいと思っています。



杏ちゃんが9月25日に入院・手術を受ける予定だそうです。

杏ちゃんしっかり造血食品を食べて、手術頑張ってね~

昨日は、バイリーパパ&ママさんとお庭でコーヒータイム♪

温かい心を持ったご夫妻との交流が持てて幸せ~ワンコのご縁は本当に有難いものですね♪

14.jpg

バイリーくんの手術が終わって体調が落ち着きましたら、ミニちゃんのお預かりを

分担していきましょう♪


お預かりはジョディーちゃんママさんもご協力下さるそうですし、

今も朝のお散歩はS様の日課となってまして、色々とご協力を頂いてますが

S様もワンコとの触れ合いが大好きなので嬉しそうです。

とりあえず、細菌とマラセチア(真菌)の感染症を治療しないと隔離生活から解放されません…

犬を飼っていない方が預かるのが本当は一番良いのですけどね…


隔離・消毒・着替え…ミニちゃん物品のみならず、先住犬の衛生にも気を付けながら

感染防止に努めて関わっているところです。



シマちゃん・サビちゃんの教訓を無駄にしてはいけませんからね…
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

16 : 31 : 24 | | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<迷い犬を保護しています(Mダックス♂) | ホーム | 迷子犬のミニチュアダックス(オス)こげ茶色を保護>>
コメント
--コメント有難うございます♪--

junさん 有難うございます♪

いやいや~流れでそうなってしまいました。
どうしてこうもよく放浪しているんでしょう…
もっともっと描いてあげたいんですけど、今は忙しくて…
同郷のシオンちゃんは、ハッピーにとって大切なお姉さん♪
私もシオンちゃんの幸せ~な姿にいつも癒されています♪


万見仙千代さん 有難うございます♪

野良犬出身と思われる野性味たっぷりのワイルドシロちゃんですが、野良犬生活が過酷な環境下におかれていたこともよくわかりました。フィラリアが陰転しても後遺症の進行がくい止められず残念です。


ぺえたさん 有難うございます。

ちよこ抄にミニくんのことを紹介してくださって有難うございます。
シロちゃんは本当に賢く美しく、不思議な犬ですね~
ぺえたさんとちゃんと通じ合えたから、仔犬達と共に飼い犬の道を歩めたんですものね・・・
今もシロちゃんのアイコンタクトや表現力は抜群~♪すっかり家庭犬として落ち着いてしまいましたょ♪あまりにも可愛くけなげな良い子なので、一日でも多く一緒に過ごしたいと願うばかりです。
増やさないのも愛・・・そうですね。
繁殖を望まない全ての犬・猫の飼い主さん達にとって、去勢・避妊手術は前向きに考える必要があることだと思いました。
実際に里親募集をしてみて、大変だということがよくわかりました。

by: チル * 2012/09/25 00:43 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 除菌--

鍵コメさん 有難うございます☆

治療や消毒お疲れ様です。また、消毒薬の情報提供有難うございます。
ジョディーママさんのところも一匹だけ猫パルボの脅威に負けず生き残った老猫がいますので消毒薬のことをお伝えしておきますね。http://byotrol.jp/ 
鍵コメさんのところの保護猫ちゃん達は、回復に向かっていますか?
タミフルは効果的でしたか?

うちも今、犬を保護しましてマラセチア感染症ということで、真菌対策をしているところです。
先住犬も皮膚が弱いので、感染予防の消毒は欠かせないです。
光触媒のミストスプレーを吹き掛けて日光浴させています♪


by: チル * 2012/09/25 00:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

シロちゃん
胸がかきむしられるようです。
短いであろう一生・・・・
ぺえたさん、チルさんに保護されて本当に良かった。
シロちゃん、病気に負けないで幸せに穏やかに過ごしてくれることを祈っています。
by: 万見仙千代 * 2012/09/24 08:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

「増やさないのも愛」本当にそのとおりですよね。
以前は私も虚勢や避妊手術とかには抵抗があったんですけど、今は考え方が変わりました。
自然のまま増やした結果、保健所行きになるなんて、結局犬や猫を不幸にしてるってことですよね。

シロちゃん、手術のときは危険な状態になったんですね。
できるだけ長く生きられるように、茨城のばあやも祈ってますよ。

シロちゃんのイラストを見て、温かい気持ちになりました(*^_^*)
今考えると、よく私の前で授乳とかしてたなぁって思うんですよ。
それだけ信用してもらえたのかなぁ。
ありがとうね、シロちゃん(^▽^)
by: ぺえた * 2012/09/23 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

チルさんへ
色々な思いが与えられ続けて
行動へとみちびかれているのですね…!
イラスト、優しさを感じて、素敵です。
和みました~。
by: jun * 2012/09/23 17:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/684-b4f28ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |