FC2ブログ
リク6時間の大手術
2013 / 04 / 09 ( Tue )
保護しているリクくんの口腔処置手術が行われました…
病院へ向かう直前のリクくん。

ファイト!


リクくんの口腔処置手術は、午後から開始されました。

なんと…6時間もの大手術で、診療時間内には終わらず…

顎の小さい構造のため抜糸や6カ所の口鼻瘻孔を埋める手術は歯茎も減ってしまっていて

難航したようです。

リクの瘻孔


診療時間内には終了せず、今日は入院することになりました。


今日はリクくんを病院へ連れて行った後、帰宅してからの療養が安静にできるよう

マロンちゃんと分けて過ごせるよう、サークルやゲージを設置し直しました。

明朝、リクくんが帰室したらサークル内で術後管理が始まります。



マロンちゃんは2日おいて、もっと大手術となるので心配です。

今日は腹部の触診をしていて左下腹部に腫瘤が触れることを確認しました。

マロンちゃんは口腔処置に加え、開腹手術をするので、手術も麻酔も術後合併症も…

本当に心配で心が痛いですが、生き物ですから…このまま放置できない進行した状況を

何とか改善させるしかないです。


想定外の入院費… 準備した金額で足りるのか… 募金活動も必要かも知れないなぁ…


大手術を受けたリクくん 里親さん大募集中です。


今晩はNHKで福島県飯舘村から岐阜県のNPO(動物介護センター)へ2年間避難生活を

送ってきた犬達が3時間の里帰りをするドキュメンタリーを放送しました。

「21頭の犬たちのふるさとへの旅」

NHK1.jpg

今なお飯舘村は放射線量値が高く、飼い主さん達は避難生活が続いていて犬と一緒に暮らせない

状況であること、飼い主さん達の離れて暮らす愛犬への深い愛情と心痛に涙がこぼれました。

NHK2.jpg

岐阜から福島まで2日間かけて行って、家族に会えるのはわずか3時間…

NHK3.jpg

故郷は忘れても家族は忘れない犬達…

 

東北の被災地では、愛犬と一緒にいたくてもいられない人達が大勢いるというのに…



北海道帯広市のリク&マロンの飼い主さん、もし2頭に愛情があったのなら

これからを生きるための治療費を送金して下さい…





ひまわり~未来の動物達のために~


関連記事

テーマ:ミニチュアダックス - ジャンル:ペット

22 : 00 : 36 | | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/857-23b6cd58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |