FC2ブログ
ボロボロの犬をピカピカに☆仔猫里親募集中
2013 / 06 / 20 ( Thu )
生後2ヶ月位の三毛&白の2頭の仔猫里親募集中(飯能市)
仔猫の里親募集中(埼玉県飯能市)


ミニくん あと数日で里親さんへ譲渡となります。

3ワン
よかったね~ おめでとぅ~♪


9ヶ月前に路上で保護したミニくんは、里親さんが決まりました!!

去勢手術後で抜糸待ちと、この季節なのでやや皮膚の炎症が観られたため、譲渡前に

しっかりと治療とケアをしてから里親さんのもとに送り出したいと準備中です♪

ミニくんに関しては本当に…「ボロボロの犬をピカピカに」という感じで進めて来ました。

里親さんが、かかりつけの動物病院があり、譲渡後も治療を続けながら愛育してくださると

いうことで、本当に有難いなぁと嬉しく思って準備しています♪

ミニ
ミニです。

この度ボクはお見合いをしまして、

優しいお父さんがお迎えに来てくれることになりました。


カラー

ボクは少し前に去勢手術を受けまして、まだ術後回復期なんです…

外耳炎

抜歯を待つ間に、この梅雨の気候でちょっと皮膚の調子がイマイチになってしまったので

皮膚治療をしてもらって、元気にパパさんのもとへ出発できるように準備してるんだ。


ミニ4

ボクは保護時4.2kgだったんだけど、ジョディーママさんが美味しい物をくれるから

すっかり太っちゃって今は5.8kgもあるんだ…


なので、出発までの間は最初の預かりさんのお宅でダイエットとシャンプー療法を

してもらうことになったんだょ♪

ミニ9

ボクは生まれつき皮膚が弱い体質みたいで…洗われ慣れていてね♪シャンプー大好きなんだ!

ミニ8

ボランティアのS様が、ボクを一生懸命にケアしてくれているんだ♪

ミニ10

仮親さん達の努力によってボクの命は救われ、ボクは病気治療もしてもらい

そして、赤い糸のご縁が見つかって、あと数日で新たな旅立ちを迎えるんだ♪

ミニ7

ボクのことをずっと見守り、応援して下さった皆様、本当にどうも有り難う♪


☆~☆ ミニくんの里親様へ ☆~☆

これから…里親様には治療費のご散財や、シャンプー療法・皮膚清潔ケアのお手間を取らせ

お手数をお掛けしますが、日々ちょっとずつキレイにしてあげることで皮膚炎の悪化は

防げることが多く、内服治療もお薬はよく効いていますので根気よくお付き合いしてあげて

頂けますよう宜しくお願い致します。


「ボロボロの犬をピカピカに」保護の犬猫を飼うのは、立派な動物愛護のボランティア活動…


皮膚炎が酷くなったから捨てられたと考えられるミニくんですが、

そんなことで殺処分されるなんて、ペットが可哀相です。


障害があったり、治癒しにくい体質的な疾患を抱えながら闘病していたり…

保護の仔を迎えるのは楽じゃないし治療費もかかって大変だということもありますが、

その苦難の命を支える役割を担うことで飼い主にも大きな心の成長がもたらされると

私は信じていますし自分でも保護犬と暮らし実感しています。


兄弟会

そして、温かい愛護の和に加わり支え合って励まし合っていくことで更に育つ

愛の力… 不思議な運命によって導かれたご縁の赤い糸をどうか放さず

最期まで愛情を注いでキレイにして飼って下さいね…

LOVE.jpg

そして半年間、仮親となり沢山の愛情を注いで下さったジョディーちゃんママさんに

深く深く…感謝しています。

ミニ4


ダックスは嫌い…と言いながらも可愛がって頂き本当に有難うございました。

ミニくんの記事は次回はいよいよ旅立ち編(譲渡日)となる予定です♪

パパさん・ママさん 少しお時間を下さいね♪ 消炎確認後ご連絡差し上げます。


☆~~~☆☆☆~~~☆~~~☆☆☆~~~☆

青梅市内の「ふだんのごちそう 繭蔵」で、「小さな命の写真展」が開催されているそうです。

私も昨日ご近所の方から話を聴き、観に行ってみようかなと思っています。


でも…観た方が「ちょっと可哀相な保健所・殺処分系の写真展だったわょ」と…

作家の今西乃子さん関連の写真展のようです… 


繭蔵


今西乃子さんは以前新聞で「ボロボロの犬をピカピカに」という見出しで紹介されていて

その見出しの言葉が自分の所に偶然にもやって来るワンコ達に当てはまっていて…

それで、今日もその言葉を表題につけました。


埼玉県

ドリームボックス ← 殺処分器

関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

12 : 28 : 42 | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<TNR活動で保護された仔猫里親急募(飯能市) | ホーム | 生後2ヶ月くらいの仔猫里親募集中(飯能市)>>
コメント
----

ミニくんよかったわねぇ。
ジョディちゃんママさんはダックス嫌いだったのね。近所の人達はスゴイ愛犬家だと思っていたけど、なんか嫌々だったみたいで。
そんなに犬種に拘っていては保護ボラは無理だわね。
お手伝いを気まぐれにしてくれるSさんも微妙だけど、ミニくんは大好きみたいね。
高齢者のマンパワー利用は観察力や注意力、責任感が中途半端だと難しいわね。
それでもお宅の近隣はいざとなると一丸となって協働するから面白いわね。
by: 山田 * 2013/06/20 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://12601260.blog28.fc2.com/tb.php/931-eed11824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |